フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

2004.06.09 自動車ニュース

フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

米フォード・モーター・カンパニーは、新しい「フォーカス」のコンセプトモデルを、2004年6月8日、中国の北京国際モーターショーにおいて初公開した。

「フォーカス」は、「エスコート」の後継として1998年にデビュー。1999年度欧州カー・オブ・ザ・イヤー、そして翌年に北米カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど幸先のいいスタートをきり、以後量販車としての地位を築いてきた。

世界の自動車メーカーが注目する中国で初公開された新型のコンセプトは、日本では馴染みのないセダンタイプのもの。ニューフォーカスが、フォードグループ内の「マツダ・アクセラ」や「ボルボS40」とプラットフォームを共有していることは、既に知られている。

曲面と直線をうまく組み合わせた「ニューエッヂ・デザイン」は新型でも息づいているようで、「一目でフォード車、しかもフォーカスだと分かるクルマ」(フォード・アジア・パシフィックのデザイン担当マネージャー、ポール・ギブソン)に仕上がる。そして、大幅に全長を長くしたりせず、車内やトランクスペースを広くとったとも、プレスリリースには記される。シャープなランプは前後ともLEDタイプ。19インチのホイールが足もとを飾る。

(webCG 有吉)

 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像


 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る