フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

2004.06.09 自動車ニュース

フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

米フォード・モーター・カンパニーは、新しい「フォーカス」のコンセプトモデルを、2004年6月8日、中国の北京国際モーターショーにおいて初公開した。

「フォーカス」は、「エスコート」の後継として1998年にデビュー。1999年度欧州カー・オブ・ザ・イヤー、そして翌年に北米カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど幸先のいいスタートをきり、以後量販車としての地位を築いてきた。

世界の自動車メーカーが注目する中国で初公開された新型のコンセプトは、日本では馴染みのないセダンタイプのもの。ニューフォーカスが、フォードグループ内の「マツダ・アクセラ」や「ボルボS40」とプラットフォームを共有していることは、既に知られている。

曲面と直線をうまく組み合わせた「ニューエッヂ・デザイン」は新型でも息づいているようで、「一目でフォード車、しかもフォーカスだと分かるクルマ」(フォード・アジア・パシフィックのデザイン担当マネージャー、ポール・ギブソン)に仕上がる。そして、大幅に全長を長くしたりせず、車内やトランクスペースを広くとったとも、プレスリリースには記される。シャープなランプは前後ともLEDタイプ。19インチのホイールが足もとを飾る。

(webCG 有吉)

 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像


 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る