フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

2004.06.09 自動車ニュース

フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目

米フォード・モーター・カンパニーは、新しい「フォーカス」のコンセプトモデルを、2004年6月8日、中国の北京国際モーターショーにおいて初公開した。

「フォーカス」は、「エスコート」の後継として1998年にデビュー。1999年度欧州カー・オブ・ザ・イヤー、そして翌年に北米カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど幸先のいいスタートをきり、以後量販車としての地位を築いてきた。

世界の自動車メーカーが注目する中国で初公開された新型のコンセプトは、日本では馴染みのないセダンタイプのもの。ニューフォーカスが、フォードグループ内の「マツダ・アクセラ」や「ボルボS40」とプラットフォームを共有していることは、既に知られている。

曲面と直線をうまく組み合わせた「ニューエッヂ・デザイン」は新型でも息づいているようで、「一目でフォード車、しかもフォーカスだと分かるクルマ」(フォード・アジア・パシフィックのデザイン担当マネージャー、ポール・ギブソン)に仕上がる。そして、大幅に全長を長くしたりせず、車内やトランクスペースを広くとったとも、プレスリリースには記される。シャープなランプは前後ともLEDタイプ。19インチのホイールが足もとを飾る。

(webCG 有吉)

 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像


 
フォードの次期「フォーカス」コンセプト、北京でお披露目の画像

関連キーワード:
フォーカスフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
ホームへ戻る