BMWの新型SUV「X3」、7月発売

2004.06.09 自動車ニュース
 

BMWの新型SUV「X3」、7月発売

BMWジャパンは、新型SUV「BMW X3」を、2004年7月3日に発売する。



 

■“プレミアムSUV”エントリークラス

1999年のデトロイトショーでデビューした「X5」に次ぐSUV(BMWいわく「SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)」が、X5のコンパクト版たる「X3」。5に3を加え、“Xシリーズ”としてプレミアムSUV市場でのシェア拡大を狙う。

全長×全幅×全高=4565×1855×1675mm、ホイールベース=2795mm。X5比で、100mm短く、15mm幅狭く、65mm背が低く、そして25mmホイールベースがショートである。



 

エンジンは、ビーエムお得意の直6が2種類。2.5リッターは最高出力192ps/6000rpm、最大トルク25.0kgm/3500rpmを発生。もうひとつの3リッターユニットは、231ps/5900rpm、30.6kgm/3500rpmというアウトプットだ。どちらも、マニュアルモード「ステップトロニック」が付いた5段オートマチックとなる。
ちなみにX5日本仕様は、3リッター直6、4.4と4.8リッターのV8というラインナップで、直6に5段AT、V8に6段ATを組み合わせる。


電子制御式多板クラッチを用いた4WDシステム「xDrive」
 

駆動方式は、BMWが「xDrive」と呼ぶ、X5譲りの電子制御式多板クラッチを用いた4WD。これは、リアルタイムでホイールなどの状況を判断し、前後のトルク配分を無段階に調節、常にグリップを得ようとするヨンクシステムである。
さらに、前後の重量配分を、BMWが主張する理想値、50:50に近づけ、俊敏性と操縦性を高いレベルで実現したと謳われる。



 

装備では、電動パノラマガラスサンルーフ(18万9000円)やスポーツシート(7万8750円)などのオプション品に加え、それらをパッケージとしてまとめた「スポーツパッケージ」(26万2500円)、「ナビゲーションパッケージ」(2.5リッター=33万6000円、3リッター=31万5000円)などを用意する。

価格は、2.5リッターの「X3 2.5i」(右ハンドル)が513万円、3リッター「X3 3.0i」(左右ハンドル)は573万円。3.0iは、同じエンジンを積む「X5 3.0i」より72万7500円安い。

(webCG 有吉)

BMWジャパン X3スペシャルサイト「X3 Cross Point」:
http://www.bmw.co.jp/newX3/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

X3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る