「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

2004.06.09 自動車ニュース
 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノージャポンは、ハッチバック「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌツーリングワゴン」を追加設定、2004年6月9日に発売した。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

■ハッチを290mmストレッチ

「退屈へのレジスタンス」をテーマに掲げるルノーの中核モデル「メガーヌ」に、ワゴンが追加された。

ハッチバックを、ホイールベースで60mm、全長で290mm延長し、そのぶんを車内空間と荷室にあてた内容。ディメンションは、全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm、ホイールベースは2685mmとした。前後席間の「後席ニールーム」を55mm広げ居住性をアップ。ラゲッジルームは、通常で520リッター、後席シートバックを倒せば1600リッターとなる。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

クリフカットのような特徴的なハッチのリアビューは、ワゴンではナリをひそめてしまったようだが、リアガラスを開閉式としてユーティリティに配慮。ラゲッジフック、ルーフレール、積載量に関わらずライトの照射範囲を自動最適化してくれる「ヘッドランプオートレベライザー」(最上級「2.0プレミアム」に設定)など、ワゴンならではの装備が用意される。

機関面はハッチと同じ。1.6リッター(113ps/6000rpm、15.5kgm/4200rpm)と2リッター(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)の直4 DOHC16バルブエンジンに、マニュアルモード付き4段オートマチックを組み合わせる。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ハッチ同様、高い安全性能はジマンのひとつ。ABS、ブレーキアシスト、電子制御制動力配分システム、エレクトロニック・スタビリティ・プログラムといったアクティブセーフティに加え、衝撃の度合いに応じて2段階に展開するアダプティブフロントエアバッグ、前後席に胸部保護用サイドエアバッグ、頭部保護用のカーテンエアバッグ、計8つのエアバッグを標準で備えるなど、パッシブな装備も充実する。

グレード展開もハッチと変わらない。ベーシックな1.6リッターの「1.6」(246万7500円)、2リッター「2.0」(281万4000円)とその上級「2.0プレミアム」(307万6500円)の3車種。ハッチにプラス15万7500円というプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
メガーヌエステートルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記