「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

2004.06.09 自動車ニュース
 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノージャポンは、ハッチバック「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌツーリングワゴン」を追加設定、2004年6月9日に発売した。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

■ハッチを290mmストレッチ

「退屈へのレジスタンス」をテーマに掲げるルノーの中核モデル「メガーヌ」に、ワゴンが追加された。

ハッチバックを、ホイールベースで60mm、全長で290mm延長し、そのぶんを車内空間と荷室にあてた内容。ディメンションは、全長×全幅×全高=4505×1775×1505mm、ホイールベースは2685mmとした。前後席間の「後席ニールーム」を55mm広げ居住性をアップ。ラゲッジルームは、通常で520リッター、後席シートバックを倒せば1600リッターとなる。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

クリフカットのような特徴的なハッチのリアビューは、ワゴンではナリをひそめてしまったようだが、リアガラスを開閉式としてユーティリティに配慮。ラゲッジフック、ルーフレール、積載量に関わらずライトの照射範囲を自動最適化してくれる「ヘッドランプオートレベライザー」(最上級「2.0プレミアム」に設定)など、ワゴンならではの装備が用意される。

機関面はハッチと同じ。1.6リッター(113ps/6000rpm、15.5kgm/4200rpm)と2リッター(133ps/5500rpm、19.5kgm/3750rpm)の直4 DOHC16バルブエンジンに、マニュアルモード付き4段オートマチックを組み合わせる。



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ハッチ同様、高い安全性能はジマンのひとつ。ABS、ブレーキアシスト、電子制御制動力配分システム、エレクトロニック・スタビリティ・プログラムといったアクティブセーフティに加え、衝撃の度合いに応じて2段階に展開するアダプティブフロントエアバッグ、前後席に胸部保護用サイドエアバッグ、頭部保護用のカーテンエアバッグ、計8つのエアバッグを標準で備えるなど、パッシブな装備も充実する。

グレード展開もハッチと変わらない。ベーシックな1.6リッターの「1.6」(246万7500円)、2リッター「2.0」(281万4000円)とその上級「2.0プレミアム」(307万6500円)の3車種。ハッチにプラス15万7500円というプライスタグを付ける。

(webCG 有吉)



 
「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノージャポン:
http://www.renault.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る