「ダイハツ・タント」にお買い得感を出した特別仕様車

2004.06.04 自動車ニュース

「ダイハツ・タント」にお買い得感を出した特別仕様車

ダイハツ工業は、ファミリー向け軽「タント」に、専用内装と人気装備を与えた特別仕様車「スマイルセレクション」を設定、2004年6月1日に発売した。

「タント・スマイルセレクション」のベースは、ノンターボの上級グレード「X」「X Limited」。専用内装として、「ハニーイエロー」の撥水加工シートや、カラーインパネ/ドアアームレストなどが与えられる。さらにハンズフリーキーレス&オートリトラクタブルドラミラーセットとエアクリーンフィルターなどの人気装備を充実させた。
ボディカラーは10色を用意する。

価格は以下の通り。ベース車の3万1500円高で、お買い得感を出した。

●「タント・スマイルセレクション」
X:121万8000円(FF/4AT)、131万2500円(4WD/3AT)
X Limited:128万9400円、138万3900円(4WD/3AT)

(webCG 本諏訪)

ダイハツ工業「タント」:http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/tanto/

 
「ダイハツ・タント」にお買い得感を出した特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る