第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨

2004.06.03 エッセイ

第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨

 
第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨の画像
 
第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨の画像

■王様タイプ?

いやー、面白かったですねぇ「F1ヨーロッパGP」。シューマッハの6勝目はどーでもいいけど、やっぱ佐藤琢磨選手。考えさせられたなぁ、あの行為には。一応知ってると思うけど、あの3位のポジションから2位を狙ってバリチェロを“襲撃”(!?)し、逆に“自滅”しちゃったヤツです。

正直、バカか天才かっつーと、間違いなく「バカ」の部類に入ると思いますけど、俺的には「いい意味」でのバカですね。というのもね。率直にいってドライバーとしての腕は“並”だと思うわけよ。個人的には。ただし「ハート」は世界レベルだと思う。誰に対してもひるむことなく、「俺がイチバン!」と考え、実行に移せるのが彼の最大の強さ。
ある意味、サッカーの中田英寿に匹敵する「王様タイプ」かもしれない。あの人のよさそうな表情の下には、とんでもないプライドが眠っていると思われます。じゃなかったら、1996年のレースデビューから6年でF1ドライバーになるなんてできないよ。世界的にみてもかなりの離れ業じゃないでしょうか。

だとするとね、あれは当然の行為なわけです。まわりがなんと言おうと、バリチェロに「アマチュア」とかバカにされようがヘーチャラのチャラ!
“オレ様”佐藤琢磨にはアレしかない。

 
第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨の画像
 
第133回:またまた緊急提言!バカか天才か!?F1佐藤琢磨の画像

■イケるときにイケ

だいたいコメントがいいよね。「すごいグリップ感もあったし、余裕でイケると思った」。コレコレ、こうじゃないと。結局勝負なんて自分でイケると思えるか、思えないかなんだから。それに「イケる時にイッキにいかないとダメ」ってのはどの業界でも鉄則で、そういう意味でも、今回のレースはいいタイミングだったように思う。もちろんあれに腕が伴えば最高だけどね。まさしく日本のモントーヤ。世界チャンピオンにもなれる可能性を持つ。とりあえず琢磨には“アレしかなかった”し“当然だった”のだ。だいたい多少の接触があってこそのレースなんだからさ、人だって殺してないし。
戦後の日本ボクシング界の世界チャンピオンだってそうでしょ。“カエル飛び”の輪島功一だって、顔腫らしながら勝ったわけじゃない。琢磨はそういう“ボクサーファイター”なドライバーなんじゃないでしょうか。

真価を問われるのは次だよね。とりあえずなにがなんでもポールポジション獲って、後ろをブロックしまくる。そして勝つ! 理想は燃料軽くしてポール取って、後ろをバトンかなんかに抑えて貰って、1回目の給油をトップでクリアしてやはり勝つ!! 実はフェラーリにしても磐石じゃなく、BARに脅威を抱いてるって話はあるから可能性はあるはず。
唯一の心配はエンジンブロー。「原因はわからない」って新聞には書いてあったけど、怒りでオーバーレブさせたりしてたんじゃあ、ハナシにならない。望み薄……。そうじゃないことを祈りつつ、次だ次! 期待してるぜ、琢磨!

(文=小沢コージ/2004年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』