BMWの新型「5シリーズワゴン」発売

2004.06.02 自動車ニュース
 

BMWの新型「5シリーズワゴン」発売

BMWジャパンは、「5シリーズ」のワゴンモデル「ツーリング」の新型を、2004年6月12日に発売する。



 

2003年秋にデリバリーが始まったサルーンに次ぐ現行型「5シリーズ」のワゴン版は、まず2.5リッター直6モデル「525iツーリング」から投入される。

先代比で50mm長く、45mm幅広く、30mm高くなったボディは、全長4855mm×全幅1845mm×全高1490mm。ホイールベースは60mm延び2890mmとなった。サルーンと比べると、背が20mm高いだけである。
広くなった車内はセリングポイントのひとつで、プレスリリースには、後席の膝まわりスペースで4.5cm、肩まわりは3cm増えたと記される。



 

ワゴンのワゴンたる所以であるラゲッジスペースもジマンだ。大きめの荷物はテールゲートから、また小さなものはリアウィンドウから出し入れ可能。オプションで「オートマチック・テールゲート・オペレーション」を選べば、リモコン操作でテールゲートが全自動開閉でき、荷物を抱えたままでも簡単に出し入れできるという。
容量は通常で500リッター。6:4分割可倒式リアシートの背もたれを倒せば最大1615リッターまで広げることが可能。先代比最大95リッター増で、46インチのゴルフバッグを4個積載できるスペースをもつ。



 

アルミ製シャシーはサルーン譲りだが設計はツーリング専用。リアサスペンションを、エア・スプリングを用いた「セルフレベリング・コントロール付きサスペンション(自動車高調整機能付きサスペンション)」としたことがワゴンの特徴で、載せる荷物にかかわらず車両の姿勢を一定に保つことができるという。

パワーユニットは、セダン「525i」と同じ2.5リッター直6エンジン。最高出力192ps/6000rpm、最大トルク25.0kgm/3500rpmとアウトプットも変わらない。トランスミッションは6段オートマチックだ。



 

右ハンドル仕様のみで、価格は、ベーシックな525iツーリングが635万円。前席シートヒーターやレザーインテリア、6連奏CDオートチェンジャーなどが備わる「Hi-Lineパッケージ」は667万円となる。
これにより5シリーズは、セダン「525i」(598万5000円)、3リッター直6「530i」(708万7500円)、4.4リッターV8「545i」(924万円)とあわせ、全4タイプとなった。

(webCG 有吉)

BMWジャパン「5シリーズツーリング」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/5/touring/

関連キーワード:
5シリーズ ツーリングBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る