「三菱グランディス」にスポーティグレード

2004.06.02 自動車ニュース

「三菱グランディス」にスポーティグレード

三菱自動車は、ミニバン「グランディス」を一部改良するとともに、スポーティグレードを追加設定。特別仕様車とあわせ、2004年5月25日に発売した。

車両の挙動を安定させる「ASC&TCL(アクティブ・スタビリティ・コントロールシステム&トラクションコントロールシステム)をオプション設定(一部に標準装備)。17インチアルミホイール装着車においては、よりスポーティな走行性能実現のため、パワーステアリングのチューニングを見直し、高速走行時の操舵手応えを向上させたという。

さらに、ボディカラーに新色「ディープブルーマイカ」を追加。一方で「ライトイエローパール」「ミディアムブルーグリーン」を廃止し、全9色とした。

また全車、国土交通省「平成17年排出ガス規制値50%低減レベル」認定を取得。平成22年度燃費基準を5%以上上回る燃費性能を達成し、グリーン税制に適応した。

価格は、218万7150円から311万1150円までとなる。

新グレードの名は「Sport-E」。従来の「Sport」に、メッシュタイプのフロントグリル、大型テールゲートスポイラーを与えスポーティに演出したモデルだ。足もとは、専用の17インチアルミホイール、専用ローダウンサスペンション(15mmダウン)でキメる。2WDのみで、価格は256万6200円。

同グレードをベースに、カスタマイズブランド「ROAR」製の専用フロントエアダムとマフラーカッターでドレスアップした特別仕様車「Sport-E ROAR(ロア)Edition」は、260万4000円となる。

(webCG 有吉)

三菱自動車「グランディス」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/GRANDIS/

 
「三菱グランディス」にスポーティグレードの画像

関連キーワード:
グランディス三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)【試乗記】 2011.12.6 試乗記 三菱デリカD:3 G(FF/4AT)
    ……203万7000円

    日産からOEM供給を受けて登場した、三菱の5ナンバーサイズミニバン「デリカD:3」。商用車ベースのミニバンに試乗し、あらためて気づいたこととは。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • 日産セレナNISMO(FF/CVT)【試乗記】 2018.2.23 試乗記 「日産セレナ」に、見た目と走りをスポーティーに仕立てた「セレナNISMO」が登場。日産のモータースポーツ部門の名を冠したミニバンは、ドライバーのスポーツドライビング欲求を満たすのみにあらず! 同乗する家族も幸せにする、トータル性能の高い一台に仕上がっていた。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
ホームへ戻る