トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

2004.06.02 自動車ニュース
 

トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

トヨタ自動車は、主に業務用として使われる「クラウンセダン」「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」の一部を改良し、2004年6月1日に発売した。

 

LPG(液化天然ガス)エンジン搭載車の排出ガスを、よりクリーン化することで環境性能をアップ。国土交通省「平成17年排出ガス規制」に適合するとともに、燃費の向上を図った。
また、全車にサイドターンランプ、ヘッドランプレベリング機構(マニュアル方式)、UVカットガラスを標準装備し、ハイマウントストップランプにLEDを採用した。

クラウンセダンが235万2000円から308万1750円、クラウンコンフォートは170万1000円から193万2000円(東京地区)、コンフォートは153万3000円から195万3000円(東京地区)、コンフォート教習車が159万9150円と166万2150円となる。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownSedan/
同「クラウンコンフォート」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/crowncomfort/
同「コンフォート」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/comfort/

関連キーワード:
クラウン セダントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
ホームへ戻る