トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

2004.06.02 自動車ニュース
 

トヨタ、「クラウンセダン」などを一部改良

トヨタ自動車は、主に業務用として使われる「クラウンセダン」「クラウンコンフォート」「コンフォート」「コンフォート教習車」の一部を改良し、2004年6月1日に発売した。

 

LPG(液化天然ガス)エンジン搭載車の排出ガスを、よりクリーン化することで環境性能をアップ。国土交通省「平成17年排出ガス規制」に適合するとともに、燃費の向上を図った。
また、全車にサイドターンランプ、ヘッドランプレベリング機構(マニュアル方式)、UVカットガラスを標準装備し、ハイマウントストップランプにLEDを採用した。

クラウンセダンが235万2000円から308万1750円、クラウンコンフォートは170万1000円から193万2000円(東京地区)、コンフォートは153万3000円から195万3000円(東京地区)、コンフォート教習車が159万9150円と166万2150円となる。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/CrownSedan/
同「クラウンコンフォート」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/crowncomfort/
同「コンフォート」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/comfort/

関連キーワード:
クラウン セダントヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.11 試乗記 マツダのコンパクトSUV「CX-3」に追加された、ガソリンエンジン搭載モデルに試乗。マツダらしい実直さや、スポーティーな走り、そして手ごろな価格設定と、さまざまな魅力を併せ持つこのクルマに欠けているものとは?
  • 「スズキ・スイフト」の特別仕様車「XGリミテッド」発売 2017.11.13 自動車ニュース
  • マツダが「デミオ」の運転支援システムを拡充 2017.11.9 自動車ニュース