「アストンマーティンDB9」、1795.5万円から

2004.06.02 自動車ニュース

「アストンマーティンDB9」、1795.5万円から

アストンマーティンのニューモデル「DB9」が、2004年5月から日本で発売された。クーペとコンバーチブルの2本立てで、1795.5万円から2005.5万円までのプライスタグを付ける。

英国はゲイドンにある新工場でつくられる「DB7」の後継「DB9」。オールアルミ製のボディに、5.9リッターV12 DOHC48バルブユニット(450ps/6000rpm、58.1kgm/5000rpm)をフロントミドシップ。0-100km/h加速4.9秒、最高速度は300km/hを誇るスポーツカーである(パフォーマンスの数値はクーペのマニュアル仕様)。

わが国に導入されるのは、クーペモデルが6段MT(1795.5万円)と、パドルシフトの6段「タッチトロニック2」仕様(1848.0万円)。コンバーチブルも同様、6段マニュアル(1953.0万円)とタッチトロニック2(2005.5万円)の計4車種だ。マニュアルモデルは、それぞれ2005年にリリースが予定される。

(webCG 有吉)

【関連リンク】
アストンマーティンDB9(6AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015023.html
アストンマーティンDB9(6AT)(中編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015024.html
アストンマーティンDB9(6AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000015025.html

 

 
「アストンマーティンDB9」、1795.5万円からの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • 第8回:夢の世界をちょこっと拝見!
    輸入車チョイ乗りリポート~オーバー2000万円編~
    2017.3.22 JAIA輸入車試乗会2017 ベントレーの「フライングスパー」に「ベンテイガ」、アストンマーティンの最新モデル「DB11」、「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動バージョン……。お値段2000万円オーバーの高級車の中から、webCG編集部員が注目モデルの走りをリポートする。
  • 巨人軍カラーの「レンジローバー イヴォーク」登場 2017.6.23 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月23日、「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の特別仕様車「イヴォークARANCIO NERO(アランチョ・ネロ)」を発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る