【スペック】全長×全幅×全高=4905×1820×1445mm/ホイールベース=2910mm/車重=1680kg/駆動方式=FR/2.5リッターV6DOHC24バルブ(204ps/6800rpm、25.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=580.0万円(テスト車=同じ)

ジャガーSタイプ 2.5 V6(6AT)【ブリーフテスト】

ジャガーSタイプ 2.5 V6(6AT) 2004.05.28 試乗記 ……580.0万円総合評価……★★★★1998年のデビュー以来、姉妹車「リンカーンLS」と差別化を図るべく、改良を重ねてきた「ジャガーSタイプ」。内外装をリファインしてジャガーネスを高めた新型の「2.5 V6」に、自動車ジャーナリストの生方聡が乗った。


まさにバリューフォーマネー

食事は好きな物から食べるほうだが、試乗会ではエンジン排気量の小さいモデルから乗るようにしている。いきなり大パワーのモデルに乗って、そのあとがエントリーモデルだったりすると、必要十分な性能を持っていたとしても、物足りなく感じてしまうおそれがあるからだ。
マイナーチェンジした「ジャガーSタイプ」の試乗会でも、「2.5 V6」「3.0 V6」「4.2 V8」と、予定通り“ステップアップ”したのだが、そんな小細工が不要なくらい、2.5リッターのSタイプはよく走る。そして、快適だった。
付言ながら、そのあとに乗った「XJ6」も、XJのよさはそのまま、ノーズの軽さが身のこなしの軽快さにあらわれた、魅力的なクルマに仕上がっていた。
パワーはお金で買うものだが、これらジャガーのエントリーモデルは、ジャガーらしさを堪能するのに十分な性能を持っている。Sタイプ2.5は、まさにバリューフォーマネーのグレードといえるだろう。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
新しい顧客層を開拓すべく、スポーティ&スタイリッシュなミディアムサルーンとして、1998年にデビュー。「リンカーンLS」とプラットフォームを共用して話題を呼んだが、ジャガーネスが希薄と批判も浴びた。2002年、コンポーネントの約80%を変更、内外装をリファインするビッグマイナーチェンジを敢行。さらに「ジャガー史上もっともスポーティ」と謳う、4.2リッターV8スーパーチャージャー付きユニット「タイプR」を追加するなど、バリエーションを拡大。04年の小変更で、内外装にさらに磨きをかけた。
グレードは4種類。2.5リッターV6(204ps)「2.5 V6」、3リッターV6(243ps)「3.0 V6」、4.2リッターV8(304ps)モデルは、ジャガーの上級グレードに与えられるサブネームを冠した「4.2 V8 Sovereign」、そして4.2リッターV8にインタークーラー付スーパーチャージャーを付加したハイパフォーマンス版「タイプR」が用意される。トランスミッションは電子制御オートマチックの6段に進化したが、おなじみJゲートは健在。駆動はFR(後輪駆動)。
(グレード概要)
Sタイプのエントリーモデルが「2.5 V6」。3リッター以上に標準装備の「プレミアムサウンドシステム」や「HIDパッケージ」(キセノンヘッドランプなどのセット)が省かれる。とはいえ、インテリアはジャガーならではのウッドパネルを採用。前席電動シートやマルチファンクション機能付きステアリングホイール、DVDナビゲーションシステムなど、高級車らしいアイテムが備わる。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
上質で上品なインストゥルメントパネルは、ジャガーの魅力のひとつである。このSタイプ2.5においても、「マドロナウッド」のパネルと明るい色のレザートリムが、心地よくくつろげる空間の演出に貢献する。シンプルな4連丸形メーターも上品さを高めている。
3.0V6とは、税込み価格で110万円もの差があるから、自動防眩ルームミラーやHIDヘッドランプ、運転席シートメモリー、プレミアムサウンドシステムといった細かい装備が省かれる。とはいえ、DVDナビゲーションシステムが標準装着されるなど、必要な装備はほぼすべて揃う。
(前席)……★★★★
さすがにこのクラスのクルマだけあり、シートはフルレザーで、運転席8ウェイ、助手席6ウェイの電動シートが標準装着される。ソフトな感触のレザーシートは、クッション、シートバックともに、身を委ねても沈み込みがすくなく、しっかりとした座り心地で、サイズもたっぷりしている。ステアリングホイールは、他グレードのようなレザーとウッドの組み合わせではなく、レザーのみ。個人的にはこちらのほうがスポーティで好きだ。コラム横にあるスイッチで、チルトおよびテレスコピックの調整が可能である。
(後席)……★★★★
全長4905mm、ホイールベース2910mmを誇るだけあって、リアの居住空間には余裕がある。フロントシート下に爪先が入らない構造だが、入れるまでもなく、自然でゆったりとしたポジションがとれる。膝前の余裕も十分で、頭上も広い。しかも、ルーフにすっぽり覆われるので、後頭部が直射日光にさらされることもない。横方向の余裕もあり、ときには後席に乗せられてみたいクルマである。
(荷室)……★★★
同クラスのFFサルーンと比べてしまうと、深さが足りない印象のラゲッジスペースだが、奥行き約115cm、幅約75〜120cmとサイズは十分。トランク内のレバーを引けば、リアシートを倒すこともできる。190cm程度の長尺物も飲み込んでしまうのだから、かなりの収納力だ。左右分割可倒式であることも、気が利いている。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
直接3リッターと比較すれば、ひとまわりトルクが細いのはたしかだ。しかし、2.5リッターエンジンだけを見れば、十分な性能を持ちあわせている。
全域でフラットなトルクを発生し、3000rpm以下の常用域での加速に不満はない。巡航状態からキックダウンして加速する際は、4000rpm付近で盛り上がりを見せ、圧倒的ではないが余裕のある加速が可能。5500rpmを超えたあたりからやや苦しげな印象で、ノイズも高まるが、全体的には実用的。合格ラインを軽くパスしている。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
ジャガーならではの、ややソフトで、それでいてフラット感あふれる快適な乗り心地はSタイプでも健在。ただし、試乗車が装着する205/60R16サイズのピレリP7がやや硬い印象で、荒れた路面や段差などではショックを拾うことがあった。
高速での直進性は優れる一方、ワインディングロードでは、ロール初期のスピードがやや早め。回頭性はよく、後輪駆動らしい素直なハンドリングが楽しめる。

(写真=清水健太/2004年5月)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2004年4月15日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--km
タイヤ:(前)205/60R16(後)同じ(いずれもピレリ P7)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガー、「XE」「XF」のディーゼルモデルに充実装備の特別仕様車 2016.11.4 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年11月1日、ジャガーの4ドアセダン「XE」と「XF」の特別仕様車「ジェットディーゼルエディション」を設定し、受注を開始した。XEジェットディーゼルエディションは限定100台、XFジェットディーゼルエディションは限定30台の販売となる。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • ジャガーが一部車種・グレードの価格を改定 2016.9.16 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年9月16日、ジャガーの一部車種・グレードについて価格を改定すると発表した。新価格は同年10月1日より適用される。
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る