「シトロエン・クサラピカソ」、日本で発売

2004.05.28 自動車ニュース
 

「シトロエン・クサラピカソ」、日本で発売

シトロエンジャポンは、5人乗りのハイトワゴン「クサラピカソ」を発表。2004年6月1日から販売を開始する。



 

「クサラピカソ」は、シトロエンの小型ハッチバック「クサラ」のシャシーを用いたモノフォルムのワゴン。シトロエンでは「モノスペースセダン」と呼ぶ。2000年1月に本国デビュー、2004年4月にフェイスリフトが行われたのを機に、日本導入となった。

全長×全幅×全高=4280×1755×1640mmというサイズは、おおよそ「日産ティーノ」と同じサイズ。ホイールベースは、ベースとなるセダンより220mm延長された2760mmである。

エンジンは「クサラ」の上級グレードに搭載される、2リッター4気筒DOHCエンジン。137psと19.8kgmを発生する。トランスミッションには4段ATが組みあわせられ、車重1360kgのボディを前輪駆動する。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット、後トレーリングアーム。4輪ディスクブレーキにはABSを備え、タイヤサイズは185/65R15だ。


3座独立の2列目シート
 

2列目シートは、3座席とも独立でそれぞれ3点式シートベルトを備え、どれもスライド/折りたたみ/取り外しが可能。ラゲッジスペースは通常550リッター(トノカバー下)だが、リアシート取り外し時には2128リッターになるという。さらに、ラゲッジルーム内には「モジュボックス」なる、取り外し可能なキャスター付きバスケットが装備される。

日本に導入されるのは1グレードで、オプションもレザーシートのみとシンプル。標準でアンチスピンデバイスのESPや、イモビライザー、スカイルーフなどが装備される。カラーは、12色のボディ、2色のインテリアが用意される。価格は299万2500円。

(webCG 本諏訪)

シトロエンジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

関連キーワード:
クサラピカソシトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC HSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.6.6 試乗記 “ベイビージャガー”を名乗る、ジャガーのコンパクトSUV「Eペース」に試乗。ボディーの内外に同門のピュアスポーツカー「Fタイプ」の面影を強く感じさせるブランニューモデルは、どんなクルマに仕上がっているのだろうか。
ホームへ戻る