「シトロエン・クサラピカソ」、日本で発売

2004.05.28 自動車ニュース
 

「シトロエン・クサラピカソ」、日本で発売

シトロエンジャポンは、5人乗りのハイトワゴン「クサラピカソ」を発表。2004年6月1日から販売を開始する。



 

「クサラピカソ」は、シトロエンの小型ハッチバック「クサラ」のシャシーを用いたモノフォルムのワゴン。シトロエンでは「モノスペースセダン」と呼ぶ。2000年1月に本国デビュー、2004年4月にフェイスリフトが行われたのを機に、日本導入となった。

全長×全幅×全高=4280×1755×1640mmというサイズは、おおよそ「日産ティーノ」と同じサイズ。ホイールベースは、ベースとなるセダンより220mm延長された2760mmである。

エンジンは「クサラ」の上級グレードに搭載される、2リッター4気筒DOHCエンジン。137psと19.8kgmを発生する。トランスミッションには4段ATが組みあわせられ、車重1360kgのボディを前輪駆動する。
サスペンション形式は、前マクファーソンストラット、後トレーリングアーム。4輪ディスクブレーキにはABSを備え、タイヤサイズは185/65R15だ。


3座独立の2列目シート
 

2列目シートは、3座席とも独立でそれぞれ3点式シートベルトを備え、どれもスライド/折りたたみ/取り外しが可能。ラゲッジスペースは通常550リッター(トノカバー下)だが、リアシート取り外し時には2128リッターになるという。さらに、ラゲッジルーム内には「モジュボックス」なる、取り外し可能なキャスター付きバスケットが装備される。

日本に導入されるのは1グレードで、オプションもレザーシートのみとシンプル。標準でアンチスピンデバイスのESPや、イモビライザー、スカイルーフなどが装備される。カラーは、12色のボディ、2色のインテリアが用意される。価格は299万2500円。

(webCG 本諏訪)

シトロエンジャポン:
http://www.citroen.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る