「スマート」、装備も名前も変わる

2004.05.26 自動車ニュース

「スマート」、装備も名前も変わる

ダイムラークライスラー日本は、「スマート」の「クーペ」「カブリオ」「K」の一部を改良するとともに、導入前の4人乗り「フォーフォー(for four)」との差別化を図るため、上記モデル名称を「フォーツー(for two)」に改名、2004年5月24日に発売した。

スマート「フォーツー・クーペ」「フォーツー・カブリオ」では、電動パワーステアリングが(ようやく)与えられ、オプションだった「レブカウンター」「コックピットクロック」が標準装備となった。
「フォーツーK」にもパワステが設定されたが、こちらは4万2000円のオプションとなる。またKでは、フロントタイヤを「135/70R15」から、リアと同じ「145/65R15」にサイズアップした。

全車右ハンドル仕様。価格は、クーペが154万3500円、カブリオは189万円でそれぞれ従来比4万2000円アップ。Kは変わらず139万6500円となる。なおカブリオのデリバリー開始は、2004年秋頃という。

(webCG 有吉)

スマート:
http://www.smart-j.com/

 
「スマート」、装備も名前も変わるの画像

関連キーワード:
フォーツーフォーツーカブリオスマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • フォルクスワーゲンup! GTI:「ルポGTI」の再来に期待 2017.10.26 自動車ニュース
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記