チャンプカー第2戦メキシコ、ブーデV

2004.05.24 自動車ニュース

チャンプカー第2戦メキシコ、ブーデV

チャンプカー第2戦決勝が、2004年5月23日、メキシコはモンテレーにあるロードコース、フンディドラパーク(3.3664km)を72周して行われた。25歳のフランス人、セバスチャン・ブーデがポールポジションから今シーズン初優勝、通算4勝目をあげた。2位にブルーノ・ジュンケイラが入り、ニューマン・ハースチームは1-2フィニッシュを達成した。

レース序盤をリードしたブーデは、最初のピットストップでチームメイトに逆転を許したが、2回目に再度首位を奪取。トップ2はそのままのオーダーでチェッカードフラッグを受けた。

やや単調なレースにカツを入れたのが、地元で張り切るマリオ・ドミンゲスだった。9万4500人のファンが見守るなか、オープニングラップでブーデの後ろにつけるが、その直後にスピンをきっし大きく後退。それでもアグレッシブに攻め続け、なんと3位でフィニッシュ、表彰台の一角にのぼった。

4位にパトリック・カーポンティエ、5位アレックス・タグリアーニと続き、元F1ドライバーのジャスティン・ウィルソンが6位でゴール。開幕戦ウィナーのポール・トレーシーはクラッシュから立ち直り7位でレースを終えた。

ブーデがチャンピオンシップポイントを62点としトップに。ジュンケイラが5点差で2位、トレーシーが49点で1位から3位に転落した。

次戦決勝は6月5日、唯一のオーヴァール・ヴェニューとなるミルウォーキー・マイルで行われる。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。