「スズキ・ジムニー」に本革シートの特別仕様車

2004.05.21 自動車ニュース

「スズキ・ジムニー」に本革シートの特別仕様車

スズキは、クロスカントリー4WDの軽「ジムニー」に、本革シートやツートーンのボディカラーを採用した特別仕様車「ランドベンチャー」を設定、2004年5月18日に発売した。

「ジムニー・ランドベンチャー」は、ベース車を標準グレードの「XG」とし、専用の内外装と装備を付与した車両である。

内装には専用となる前席本革シートや、本革巻きステアリングホイール&シフトノブを配し、さらにメーターパネル盤面をシルバーとするなど、上質感を高めたという。快適装備として、運転席シートヒーターや、MD/CD付きステレオも備わる。

外観では、ボディを2トーンカラーとし、カラードバンパー&フェンダーアーチモール、フロントグリル、フロントバンパーアンダーガーニッシュ、カラードサイドアンダーガーニッシュ、アルミ製スペアタイヤハウジングなどが与えられた。

価格は、ベース車より23万1000円高い、149万1000円(5MT)と159万3900円(4AT)。

(webCG 本諏訪)

スズキ「ジムニー」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/jimny/

 
「スズキ・ジムニー」に本革シートの特別仕様車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • 「スズキ・エスクード」にパワフルなターボモデル登場 2017.7.26 自動車ニュース 「スズキ・エスクード」に1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。ターボエンジンならではのトルクフルな走りに加え、メッキグリルや赤いアクセントが施されたインテリアなど、スポーティーな意匠も特徴となっている。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • スズキ、「ジムニー」誕生40周年記念車を発売 2010.4.9 自動車ニュース スズキは、軽SUV「ジムニー」とコンパクトSUV「ジムニーシエラ」に専用装備を与えた特別仕様車を設定し、2010年4月20日に発売する。
ホームへ戻る