オペルの新型「アストラワゴン」、世界初公開

2004.05.21 自動車ニュース

オペルの新型「アストラワゴン」、世界初公開

独アダムオペルは、2004年秋に日本導入が予定される新型「アストラ」のワゴンモデルを、5月19日、「第5回マドリードモーターショー」で発表した。欧州では6月に予約スタート、デリバリーは10月からという。




欧州での販売好調が伝えられる「オペル・アストラ」に、ワゴンモデルが加わった。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」や「マツダ・アクセラ」など、競争の激しいCセグメントのコンパクトワゴンである。
デザインは、ハッチバックのスポーティさを継承しつつ、ホイールベースを約90mm長い2700mmとし、広い居住空間と最大1570リッターの荷室を実現。「ベクトラワゴン」と同様、荷室を柔軟に使いこなす「フレックスオーガナイザーシステム」を採用するなど、ワゴンとしての使い勝手を追求したという。
エンジンは、ガソリンが5種類、ディーゼルは4種類と、豊富に設定される。

ハッチバックの人気が高いことをうけてか、アダムオペル会長兼マネージングディレクターのカール・ピーター・フォースターは、「歴代のステーションワゴンのなかでも屈指の1台」と自信満々だ。

なお日本への導入時期などは発表されていない。

(webCGオオサワ)

オペル:
http://www.opel.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。