「スバル・レガシィ」一部改良、新グレードも追加

2004.05.21 自動車ニュース

「スバル・レガシィ」一部改良、新グレードも追加

富士重工業は、「スバル・レガシィ」シリーズの全グレードに、安全装備を充実させるなど改良を施し、2004年5月17日に発売した。さらに、新グレードとして、「B4」に圧縮天然ガス燃料車「2.0 CNG」、「アウトバック」にアウトドア調の装備を付けた「L.L.Bean EDITON」を追加設定した。




■「レガシィ」が「G-BOOK」対応に

「レガシィ」シリーズ全体の改良は、運転席シートベルトにダブルプリテンショナー機能と車速感応式間欠フロントワイパーを採用。オプション装備のグレード拡大も行われ、サイド&カーテンエアバッグやマッキントッシュオーディオ、アイボリーレザーセレクションなどが選べるようになった。
また、トヨタ自動車の情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応したDVDナビゲーションシステムを、「3.0R」「2.0GT」「2.0GTspec.B」のAT車にメーカー装着オプション設定されたことはニュースだ。その他、ツーリングワゴンとB4のボディカラーに「アーバングレーメタリック」が追加された。
なお今回の改良による、価格の変更はない。




■「アウトバックL.L.Bean EDITON」

ツーリングワゴンのSUVバージョン「アウトバック」には、アウトドア調の装備を付与した「L.L.Bean EDITON」を追加。3リッター(3.0R)と2.5リッターSOHCモデル(2.5i)がベースとなる。
本革とアルカンタラを組みあわせた、「L.L.Bean」ロゴ入り専用シートに加え、木目調のパーツを内装に配した。さらにガンメタリック塗装のアルミホイールを装着し、「2.5i」にはカーゴソケット/ファン/ステップを与えた。
ボディカラーには専用色として、「アークティックホワイト・パール」「オブシディアンブラック・パール」「シャンパンゴールド・オパール」「ダークグリーン・マイカ」の4色に、「グラナイトグレー・オパール」を組みあわせた2トーンカラーがラインナップされる。
価格は2.5iが292万9500円、3.0Rは335万4750円。発売は2004年6月22日だ。




■レガシィ天然ガス車

2リッターDOHCエンジン搭載の「B4 2.0R」(4WD/4AT)をベースとした、CNG(圧縮天然ガス)燃料車両が加わった。エンジンの基本機能をそのままにし、燃料をCNGに変更。最高出力150ps/6800rpmと、最大トルク16.7kgm/4400rpmを発生する。一回の充填で350kmの走行が可能という。
外観での違いは、ハイラスター塗装のアルミホイールのほか、ボディサイドのステッカーやオーナメントだけである。
受注生産となり、価格は483万円。

(webCG 本諏訪)

スバル:
http://www.subaru.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。