「ジャガーXタイプ」に最上級「ソブリン」を名乗る限定車

2004.05.20 自動車ニュース
 

「ジャガーXタイプ」に最上級「ソブリン」を名乗る限定車

ジャガージャパンは、ジャガーのエントリーモデル「Xタイプ」に、最上級モデルとして「3.0ソブリン」を設定、2004年6月1日に発売する。販売台数は120台限定。



 

ジャガーのラインナップで最上級モデルに冠される「ソブリン」が、「Xタイプ」に追加された。ベース車は「3.0 V6スポーツ」。内外装を変更し、快適装備を追加した内容だ。

エクステリアは、クロームを強調したパーツや専用ホイール、メタリックペイントでお化粧。インテリアは、オールハンドメイドのバーウォールナットウッドとアイボリーレザーをあしらった。さらに10ウェイ電動シートや6連奏CDチェンジャー付き320Wプレミアムサウンドパッケージが特別装備されるなどした。

ボディカラーは専用色となり、「ジルコン」(60台)、「クォーツ」(30台)、「パシフィック」(30台)の3色を用意。価格はベース車より43万2500円高い、605万円だ。

(webCG 本諏訪)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る