「ジャガーXタイプ」に最上級「ソブリン」を名乗る限定車

2004.05.20 自動車ニュース
 

「ジャガーXタイプ」に最上級「ソブリン」を名乗る限定車

ジャガージャパンは、ジャガーのエントリーモデル「Xタイプ」に、最上級モデルとして「3.0ソブリン」を設定、2004年6月1日に発売する。販売台数は120台限定。



 

ジャガーのラインナップで最上級モデルに冠される「ソブリン」が、「Xタイプ」に追加された。ベース車は「3.0 V6スポーツ」。内外装を変更し、快適装備を追加した内容だ。

エクステリアは、クロームを強調したパーツや専用ホイール、メタリックペイントでお化粧。インテリアは、オールハンドメイドのバーウォールナットウッドとアイボリーレザーをあしらった。さらに10ウェイ電動シートや6連奏CDチェンジャー付き320Wプレミアムサウンドパッケージが特別装備されるなどした。

ボディカラーは専用色となり、「ジルコン」(60台)、「クォーツ」(30台)、「パシフィック」(30台)の3色を用意。価格はベース車より43万2500円高い、605万円だ。

(webCG 本諏訪)

ジャガージャパン:
http://www.jaguar.com/jp/ja/

関連キーワード:
Xタイプジャガー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【レビュー】 2016.4.15 試乗記 “新世代ジャガー”の嚆矢(こうし)として、2007年にデビューした4ドアセダン「XF」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、独自の立ち位置と最新のボディーやエンジンを武器にドイツのライバルと渡り合うことができるのか? その実力を試す。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ジャガー・ランドローバー) 2017.9.15 画像・写真
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回) 2カ月間で3000k... 2016.8.24 ジャガーXF長期試乗リポート