「アウディA8」デビュー記念パーティにセレブ集まる

2004.05.18 自動車ニュース

「アウディA8」デビュー記念パーティにセレブ集まる

2004年5月14日、東京は三田の綱町三井倶楽部で、アウディのフラッグシップ「A8」デビュー記念のイベントが開催された。


選ばれた方々。

「New Audi A8 Meets 8 Vorsprung People」と銘打たれたこのイベントでは、車名にちなんで8人の“Vorsprung People”が招待された。Vorsprungとはドイツ語で「既成概念にとらわれず、新たな卓越した価値を生み出す」という意味を持ち、アウディのブランドスローガン「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」にもつながる。
今回、その語を体現した各界のVorsprung Peopleは、建築家の團紀彦氏、アーティストの宮島達男氏、「オテル・ドゥ・ミクニ」のシェフである三國清三氏、狂言師の野村萬斎氏、フジテレビディレクターの河毛俊作氏、ソニー会長兼CEOの出井伸之氏、フォトグラファーの操上和美氏、そして自動車雑誌『ENGINE』編集長の鈴木正文氏。彼らには、アウディA8を半年間ドライブしてもらうという。


ヴァイオリン奏者の山瀬理桜さん

庭園では、数台のA8が厳かに展示され、興味を示す人々が乗り込む姿も見られた。また、建物内ではヴァイオリン奏者の山瀬理桜さんによる演奏や、アートギャラリーなども設けられれ、パーティに華をそえた。

新型A8はアルミスペースフレーム(ASF)技術を駆使した大型サルーン。1994年に初代がデビューし、2002年にフルモデルチェンジ。2004年2月に日本導入となった最新モデルである。




(webCG 本諏訪)

アウディジャパン:
http://www.audi.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。