「日産キューブ/キューブキュービック」に「コンラン」仕様の限定車

2004.05.18 自動車ニュース
 

「日産キューブ/キューブキュービック」に「コンラン」仕様の限定車

日産自動車は、コンパクトワゴン「キューブ」と7人乗り「キューブキュービック」に、イギリスのデザインブランド「コンラン」とのコラボレーションで生まれた期間限定車を設定。特別仕様車とともに、2004年5月17日に発売した。

 

「キューブ・プラス・コンラン」「キューブキュービック・プラス・コンラン」は、2003年10月の「第37回東京モーターショー」に出展されたショーカーの市販モデル。内外装に、「コンラングループのデザインセンスを汲んだ」(プレスリリース)カラーコーディネーションを施し、シート表皮にスエード調「アルカンターラ」を採用。加えて、「プラズマクラスターイオンRエアコン」やフロントフォグランプ、オートライトシステムなどを与え、デザインのみならず、快適性・利便性もセリングポイントとした。

ベース車両は、ベーシックな「SX」。価格はプラス15万9600円で、キューブが147万円(2WD/4AT)、152万400円(2WD/CVT)、165万9000円(4WD/4AT)。キューブキュービックはすべて2WDで、162万7500円(4AT)と167万7900円(CVT)。2004年7月末までの期間限定車で、生産計画台数は1000台という。


「キューブキュービックEXリミテッド」(左)と「キューブSXリミテッド」(右)
 

一方の特別仕様車「SXリミテッド」「EXリミテッド」は、「SX」「EX」をベースに、「プラズマクラスターイオンRエアコン」やフロントフォグランプなど、快適性・利便性を高める装備を付与した内容。価格はベース車の2万2050円高で、キューブは133万2450円から172万5150円まで、キューブキュービックは148万5750円から173万9850円までとなる。

なお、日産の関連会社であるオーテックジャパンが手がけた上記特別仕様車ベースの福祉車両も、同時にリリースされた。

(webCG 有吉)

 

日産自動車「キューブ/キューブキュービック・プラスコンラン」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/CUBIC/CONRAN/
同「キューブSX/EXリミテッド」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/Z11/0405/SXEX/
同「キューブキュービックSX/EXリミテッド」:
http://www.nissan.co.jp/CUBE/CUBIC/Z11/0405/SXEX_3/

関連キーワード:
キューブ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・フォレスター」の国内受注がスタート 2018.5.18 自動車ニュース スバルは2018年5月18日、同年夏に発売を予定している5代目「スバル・フォレスター」の先行予約を開始した。新型では、モーター付きの「e-BOXER」搭載モデルもラインナップされる。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
ホームへ戻る