第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!

2004.05.17 小沢コージの勢いまかせ!

第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!

 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像 拡大
新型「7シリーズ」から採用された「iDrive」。モニタに表示されるメニューを、シフトレバー手前のコントローラーで選択&決定する。ナビだけでなく、エアコンやオーディオ設定など、多用な機能を1つのデバイスで行えるのがジマン。
新型「7シリーズ」から採用された「iDrive」。モニタに表示されるメニューを、シフトレバー手前のコントローラーで選択&決定する。ナビだけでなく、エアコンやオーディオ設定など、多用な機能を1つのデバイスで行えるのがジマン。 拡大

■「iDrive」はツラいよ

「X3」をベタボメ(ってほどじゃないか)した反動じゃないんだけどさ。BMW純正のナビゲーションシステムって、やっぱダメだよね。ゴールデンウィーク中、新型「5シリーズ」をずっとお借りしてたんだけど、れいの「iDrive」に統合されたナビが使いにくいのなんのって。

完全に使い方を把握してないのかもしれないけど、まずモニターが小さすぎて、拡大しても詳細地図がよくわからない。操作系に関しては「戻る」スイッチがないのはツライな。間違った操作してからが困る。わかんなくなると、結局、一番最初の「メニュー」からやり直すハメになったり。視点が前後左右ナナメに動かせないのもツライし、とにかく「カユイところに手が届く」ような使い勝手じゃないのよ。

運転席から見るモニターは小さい。
運転席から見るモニターは小さい。 拡大
 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像 拡大
 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像 拡大

■見た目と利便性

つくづく、「国産のナビはよくできてんな〜」って思いました。ジョイスティックがあって前後左右、ナナメにも動かせるし、そのまま「決定」できる。それとは別に「現在地」「戻る」「メニュー」ボタンがわかりやすく配置されている。単純にコッチに慣れちゃったのかもしれないけどね。すくなくとも、「求められるもの」が「求められる位置」に存在してるとは思う。

ただ、国産ナビの操作系ってカッコ悪いんだよね。ゴチャゴチャしてるし、もうちょっと整理整頓、スッキリできないかなぁとは思う。そういう意味では iDriveにしろ、今度出た「アウディA8」についてる「MMI」にしても秀逸。単純にカッコよくって、それだけで使いたくなる。マッキントッシュとウィンドウズの違いに似てるかも。「シンプルな操作ですべてを行なう」って思想はステキだね、理想論に近いけど。
ってなわけで、もうちょっと国産ナビ的な使い勝手を備えた代物にならないかなぁ〜、と思う今日この頃です。

(文=小沢コージ/2004年5月19日)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る