第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!

2004.05.17 エッセイ

第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!

 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像
新型「7シリーズ」から採用された「iDrive」。モニタに表示されるメニューを、シフトレバー手前のコントローラーで選択&決定する。ナビだけでなく、エアコンやオーディオ設定など、多用な機能を1つのデバイスで行えるのがジマン。
新型「7シリーズ」から採用された「iDrive」。モニタに表示されるメニューを、シフトレバー手前のコントローラーで選択&決定する。ナビだけでなく、エアコンやオーディオ設定など、多用な機能を1つのデバイスで行えるのがジマン。

■「iDrive」はツラいよ

「X3」をベタボメ(ってほどじゃないか)した反動じゃないんだけどさ。BMW純正のナビゲーションシステムって、やっぱダメだよね。ゴールデンウィーク中、新型「5シリーズ」をずっとお借りしてたんだけど、れいの「iDrive」に統合されたナビが使いにくいのなんのって。

完全に使い方を把握してないのかもしれないけど、まずモニターが小さすぎて、拡大しても詳細地図がよくわからない。操作系に関しては「戻る」スイッチがないのはツライな。間違った操作してからが困る。わかんなくなると、結局、一番最初の「メニュー」からやり直すハメになったり。視点が前後左右ナナメに動かせないのもツライし、とにかく「カユイところに手が届く」ような使い勝手じゃないのよ。

運転席から見るモニターは小さい。
運転席から見るモニターは小さい。
 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像
 
第129回:BMW5シリーズの「iDrive」を一週間使ってみて……やっぱりナビは国産にかぎる!の画像

■見た目と利便性

つくづく、「国産のナビはよくできてんな〜」って思いました。ジョイスティックがあって前後左右、ナナメにも動かせるし、そのまま「決定」できる。それとは別に「現在地」「戻る」「メニュー」ボタンがわかりやすく配置されている。単純にコッチに慣れちゃったのかもしれないけどね。すくなくとも、「求められるもの」が「求められる位置」に存在してるとは思う。

ただ、国産ナビの操作系ってカッコ悪いんだよね。ゴチャゴチャしてるし、もうちょっと整理整頓、スッキリできないかなぁとは思う。そういう意味では iDriveにしろ、今度出た「アウディA8」についてる「MMI」にしても秀逸。単純にカッコよくって、それだけで使いたくなる。マッキントッシュとウィンドウズの違いに似てるかも。「シンプルな操作ですべてを行なう」って思想はステキだね、理想論に近いけど。
ってなわけで、もうちょっと国産ナビ的な使い勝手を備えた代物にならないかなぁ〜、と思う今日この頃です。

(文=小沢コージ/2004年5月19日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデス、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発売 2016.11.30 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年11月29日、新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表し、同日発売した。ワゴンならではの高い実用性を備えながら、セダンと同様の安全性と快適性を実現しているのが特徴。車両価格は712万~1186万円。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る