VWの新型「ゴルフ」発表会、「半年で1万台を売る!」

2004.05.15 自動車ニュース
 

VWの新型「ゴルフ」発表会、「半年で1万台を売る!」

2004年5月14日、東京・新木場のイベントスペース「STUDIO COAST」にて開かれた、新型「ゴルフ」の発表イベントは、ゴルフとクラブミュージック、そしてダンスパフォーマンスの共演……と、VWゴルフの“質実剛健”なイメージとは正反対の(?)様相。その模様と新型のポイント、マーケティングについてリポートする。


フォルクスワーゲンAGのシュテファン・ユング テクニカルプロダクトマネージャー。開発スタートから32ヶ月、各国の仕様設定までかかわったという。
「ゴルフのようなクルマのモデルチェンジは冒険だが、このたび皆様に紹介できることを、とても嬉しく思います」
 

■“ダイナミック&エモーショナル”

1974年5月に初代が誕生してから累計2300万台、日本では50万台以上を売り上げたという、フォルクスワーゲンの代名詞「ゴルフ」。5代目にあたる新型が、日本で正式発表された。
本邦初とはいえ、海外試乗会や、同じプラットフォームを使う「アウディA3」「ゴルフトゥーラン」などは導入済みで、いずれもハードウェアの評判は高い。「6世代目に相当するという声もきこえるほど……」とは、フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)広報部の小島誠氏。かなりの自信がうかがえる。


フォルクスワーゲングループジャパンの梅野勉代表取締役。「トゥアレグ」に代表されるVWのブランド変革が「着実に浸透してきた」と述べ、ニューゴルフをブランド変革の原点と位置付ける。若々しさをアピールする新型オーナーの平均年齢は、従来より約10歳若い、30代中心と想定する。
 

SUV「トゥアレグ」が代表的だが、VWは“エモーショナル”や“スポーティ”をキーに、ブランド変革を推進中。新型ゴルフのアピールポイントも“ダイナミック&エモーショナル”。ということで、クラブスペースが会場に選ばれたのだろう。


厳粛(おおげさか?)な雰囲気の会場が、いきなりレイブパーティに……。
 

■つくりは手堅い

従来の「質実剛健」「安全」「快適」「便利」といったイメージはそのまま、各所をリファイン。フォルクスワーゲンAGのシュテファン・ユング テクニカルプロダクトマネージャーが語った開発目標はシンプルだった。「このクラスで最高のクルマをつくる」。わかりやすい。
ユング氏の詳細な説明から、新型ゴルフのポイントを列挙してみる。

・ボディサイズはスペースの最適化、人間工学的に最適なシートポジションから決定。パッケージ全体をシステマチックに再配置
・インテリアは高品質な素材を使用。樹脂パーツの多くには表面処理を施し、品質向上を図った
・「EU4」排ガス規制のクリア、燃費と高出力を両立する直噴「FSI」、6段ATの採用

などなど。かなりロジカルで手堅い。


臨時席が設けられるほどの来場者からも、注目度の高さがうかがえる。
自動車業界関係者も数多く来場。某日本車メーカー広報氏「クルマの写真が撮れなくて……」。
某インポーター広報スタッフに印象を聞くと、「カッコイイですねぇ」って、競合他車ですよ!!
 

■戦略的プライス

グレード構成は、発表時のニュースで紹介した4種類。1.6リッターモデル「E」グレードは、輸入車エントリーユーザーを視野に入れた「戦略的価格の240万4500円」(VGJ梅野勉代表取締役)に設定した。量販グレードは2リッターの「GLi」(278万2500円)と「GT」(299万2500円)。“スポーティ&プレミアム”は、レザー内装、温度センサーも独立したデュアルゾーンエアコンなどを装備する「GTレザーパッケージ」(328万6500円)である。



 

1994年以降、日本でのモデル別輸入車販売ナンバー1をキープし続けるゴルフ。「インポートカーのリーダーとして、強力なベンチマークになると確信」(VGJ梅野勉代表)し、04年6月から年末までに1万台を売ってトップを狙う。

自動車業界的にはビッグニュースとあって、国産、輸入車メーカー各社の関係者が多く来場した発表会。会場は緊張した雰囲気だったが、突然クラブミュージックとダンスパフォーマンスがスタート。にぎやかなパーティに様変わりし、リポーターはちょっとあっけにとられた。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
ホームへ戻る