【スペック】マーチ S-tune Complete 3ドア(5MT):全長×全幅×全高=3695×1660×1505mm/ホイールベース=2430mm/車重=890kg/駆動方式=FF/1.2リッター直4DOHC16バルブ(90ps/5600rpm、12.3kgm/3200rpm)/車両本体価格=162万5400円(テスト車=211万7640円/フライホイール=3万7800円/クラッチディスク=1万5750円/クラッチカバー=1万8900円/「G-ATTACK R-tune」サスペンションキット=9万4500円/ブレーキパッド=1万4700円/ブレーキホース=2万790円/ボディデカール=10万5000円/スポーツシート(2脚)=18万4800円)

ニスモ・マーチ S-tune Complete 3ドア(5MT)【試乗記】

かわいいをそのままに 2004.05.14 試乗記 ニスモ・マーチ S-tune Complete 3ドア(5MT)……211万7640円日産のコンパクトカー「マーチ」を、同社のモータースポーツを手がけるニスモがチューンナップ。ストリート走行を主眼に置いた「S-tune」バージョンに、『webCG』記者2人が雨の箱根で乗った。

全然別物

本諏訪(以下「も」):「マーチ S-tune Complete」に試乗しましょう。ベース車は1.2リッターのベーシックグレード「12c」。マーチのワンメイクレース「マーチカップ」用のエアロパーツと15インチアルミホイールを履かせています。メカニズムの面では、足まわりのチューニングに加えて、エンジンは主に排気系に手を入れ、マフラーは専用品。もちろん、コンピューターのセッティングも変更してあります。ニスモいわく「スポーツリセッティング」とか。
コンドー(以下「コ」):カップカーのロードバージョンといったところか。
も:そうですね。テスト車は3ドアでしたが、市販車同様5ドアも用意されます。5MTのほか、4ATも選べます。
コ:マーチのカタログラインナップには「12SR」という、関連会社のオーテックがチューンしたスポーティ版があるよな。どう味付けが違うんだろう?
も:2台を比較しながら見てみましょうか。

も:エンジンは「12SR」が108ps/6900rpm、13.7kgm/3600rpmと、高回転/高出力狙い。ニスモは、90ps/5600rpm、12.3kgm/3200rpm。中低速のトルクを重視しています。S-tuneのアウトプットは、出力、トルク共に上限はノーマルと同じですが、最大トルクの発生回転数が800rpm下がって3200rpmになってます。
コ:5段MTのギア比がわりとワイドだから、中低回転域のトルクを太らせたチューンは正解。普通に乗るときにも使いやすいんじゃないかな。
も:排気音が高くて気持ちいいですね。さすがステンレスマフラー。ホットハッチって感じがする。
コ:カタログ数値だけじゃわからないけど、乗り心地、運転し心地ともにGOOD。
も:コーナーではかなり曲がりますね。ノーズがクイッと入っていく感じで。ちなみに試乗車は、「R-tune」というサーキット走行をターゲットにした、車高調整式のサスペンションキット(プラス9万円で装着可能)を付けてます。
コ:えっ! それでもこんなに乗り心地がいいの?
も:S-tuneサスペンションはもっとソフトとのことです。これだけふんばるのであれば、ステアリングはもうすこし重くてもいいのかなと思いました。
コ:とにかくノーマルのマーチとはまったく別物だ。ホントにいいクルマに仕上がっていると思う。
も:私も満足できるクルマだと思いました。ベース車「12c」に比べて、足まわりとエンジンは60万円ちょっとプラスするだけですから。
コ:ベース車価格のほぼ5割増し、とも言えるけど。

手前が「ニスモ・マーチ S-tune Complete」。後ろを向いているのが、「日産マーチ12SR」。

手前が「ニスモ・マーチ S-tune Complete」。後ろを向いているのが、「日産マーチ12SR」。


ニスモ・マーチ S-tune Complete 3ドア(5MT)【試乗記】の画像

12SRとの違い

コ:内装はニスモの方がノーマル然としているね。シートに座っただけだと、チューニングカーだってわからない。
も:ニスモブランドはスポーツイメージが強いですけど、今回のクルマはおとなしい。
コ:このシートは最初っから付いてるの?
も:これはオプションですね。
コ:うーん残念。このシートが付いてこの値段だったら、即“買い”なんだけどな。シートでかなり印象変わるから。
も:インテリアでは、タコメーターが付き、スピードメーターに220km/hを刻むメーターパネルが装備されるのが、通常のマーチとの違い。ステアリングホイールその他は、ノーマルのままです。
コ:12SRはインパネとか色を含めてシートとか、全部をトータルでコーディネイトしている感じがする。「スポーティなマーチ」っていうのが目に見えてわかる。
も:そういう意味ではニスモは見た感じではわかりにくい。試乗車には付いてましたが、ステッカーなどもオプションですしね。



通っぽい!?

コ:マーチってのはデビュー当時、かわいくておしゃれな感じで売り出してたよね。S-tuneは、かたちもインテリアも気に入ってるんだけど、ちょっと走りが……って人が買うんじゃないかな?
も:そうですね。あまりコテコテにチューニングしてあるわけじゃないですし。
コ:これってパーツだけでも販売してるの?
も:してます。「12c」を持っている人は、ほぼ同等のチューニングでエアロなどが付かない「スポーツチューニングメニュー」なるキットがあって、これが57万5400円。もちろんパーツ単体ごとも購入可能です。
コ:先代のK11型から、マーチはけっこうパーツの人気が高いと広報の人が言ってたね。
も:なんでも、スカイラインより数は出ていたとか。
コ:パワーも出過ぎないし、振りまわすにはちょうどいいクルマだよね。いじりたくなるのがわかる。
も:マーチをいじるってあたりが通っぽくてよくないですか? これならクルマ好きの男にも理解してもらえるし、女の子にも拒否されなさそう。
コ:俺にはそういう下心はないから(笑)。

(文=webCG近藤俊&本諏訪裕幸/写真=峰昌宏/2004年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る