フォルクスワーゲン、ニュー「ゴルフ」発表

2004.05.14 自動車ニュース
 

フォルクスワーゲン、ニュー「ゴルフ」発表

フォルクスワーゲングループジャパンは、VWを代表する「ゴルフ」のニューモデル、通称「ゴルフV」を、2004年5月14日に発表、6月9日より販売を開始する。価格は240万4500円から。初年度に1万台の販売を目指す。


【写真上】「Gli」
【写真下】スポーティ版「GT」
 

■さらに大きく、さらに上へ

欧州では2003年8月にフルモデルチェンジを受けたVWのスタンダードカーが、生誕30周年の今年になって日本へ導入が開始される。「ゴルフトゥーラン」や「アウディA3」など、「ゴルフV」のプラットフォームをベースにするモデルが先んじた日本市場に、満を持して(?)の登場だ。


GLi
 

さらに大きくなったボディや質感など、またワンランク上にのぼったニューゴルフ。車両概要は、「海外試乗会」などでお伝えしたとおり。今回は、日本仕様について紹介する。


GLi
 

ボディ形状は5ドアのみ。エンジンは、ガソリン直噴方式「FSI」の1.6リッター(116ps、15.8kgm)と2リッター(150ps、20.4kgm)の2種類で、6段ATが組み合わされる。
ラインナップは、1.6リッターモデルが「E」のみ。2リッターモデルは、ベーシックな「GLi」と、スポーティな「GT」の2グレード構成だ。GTは、専用装備として、スポーツシートや本革巻き3本スポークステアリングホイールなどのが付与される。さらに、本革シートやデュアルゾーンフルオートエアコンなどを奢った豪華版「GTレザーパッケージ」も設定される。


1.6リッターモデル「E」
 

装備品は、エアコンやCDプレーヤー付きAM/FMラジオ+10スピーカー、アームレストなどが全車標準。安全装備として、前席エアバッグ、サイドエアバッグ(前後席)、カーテンエアバッグや、フォースリミッター付きシートベルトに加え、ESPが全グレードに標準装着された。

価格は、「E」が240万4500円、「GLi」が278万2500円、スポーティ版「GT」は299万2500円、「GTレザーパッケージ」は328万6500円。

(webCGオオサワ)

フォルクスワーゲングループジャパン:
http://www.volkswagen.co.jp/

関連キーワード:
ゴルフフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2013.7.7 試乗記 フルモデルチェンジで7世代目となった「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。このモデルには格別な思いがあるという巨匠 徳大寺有恒が、その仕上がりを吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
ホームへ戻る