シボレー、スズキに特別仕様車

2004.05.13 自動車ニュース
 

シボレー、スズキに特別仕様車

スズキは、「シボレー・クルーズ」「ワゴンRソリオ」「スイフト」の1.3リッターモデルに、特別装備を付与した「リミテッドII」を設定。2004年5月12日に発売した。


「シボレークルーズSリミテッドII」
 

「シボレー・クルーズ」と「ワゴンRソリオ」の特別仕様車「SリミテッドII」は、内外装をスポーティに演出。「スイフトLリミテッドII」は装備を充実させ、いずれもお買い得な価格設定にしたという。
各車両とも、1.3リッターの4段ATモデル。駆動方式は、FFと4WDの2種類を用意した。特徴は、以下の通り。

●「シボレークルーズSリミテッドII」
・ベース車:シボレークルーズ1.3LT
・特別装備など
フロント、サイド、リアアンダースポイラー
MD/CDステレオ
本革巻きステアリングホイール
シートとドアトリム表皮を、ボディ色に合わせて、赤/黒またはグレー/黒の2色を設定
インパネの一部にダークグレーのアクセント

価格はベース車より7万8750円高く、FFが132万8250円、4WDは150万6750円。


「ワゴンRソリオSリミテッドII」
 

●「ワゴンRソリオSリミテッドII」
・ベース車:ワゴンRソリオ 1.3WELL S
・特別装備など
前後専用バンパー、大型ルーフエンドスポイラー、ディスチャージヘッドランプ
15インチアルミホイール+165/55R15タイヤ
オートエアコン、MD/CDステレオ
本革巻きステアリングホイール
インテリアカラーに、ブルー基調の専用シートとドアトリムを採用

価格はベース車比6万3000円高となる、131万2500円(FF)と143万5350円(4WD)。


「スイフトLリミテッドII」
 

●「スイフトLリミテッドII」
・ベース車:スイフトSE-Z
・特別装備など
ボディ同色の電動格納式リモコンドアミラーとドアハンドル
スモークガラス
フロントUVカットガラス

価格はベース車比で3万4650円高い、94万2900円(FF)と107万9400円(4WD)。

(webCGオオサワ)

スズキ:
http://www.suzuki.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る