第127回:ハッキリ言ってイイです「ボルボV50」……っていうかやっと“ボルボ”に!?

2004.05.13 エッセイ

第127回:ハッキリ言ってイイです「ボルボV50」……っていうかやっと“ボルボ”に!?

 
第127回:ハッキリ言ってイイです「ボルボV50」……っていうかやっと“ボルボ”に!?の画像
新型から、セダンが偶数、ワゴンは奇数のナンバーがふられる。こちらはセダン「S40」
新型から、セダンが偶数、ワゴンは奇数のナンバーがふられる。こちらはセダン「S40」

■ハッキリ“ボルボっぽい”

先日、九州で行なわれた新型「ボルボV50/S40」の試乗会に行ってまいりました。海外出張の翌日で、もうボロボロですよ……。

それはさておき、久々のコンパクトボルボ、V50はいいクルマだと思った。S40はセダンだから、「ボルボ=ワゴン」のイメージが強い日本ではちとツライけど。
なんちゅーか「イメージ通り」なのよ。正直、前のモデルである「V40」は「単なる小さなワゴン」って感じで、ボルボだか国産車だかわかんないようなデキ。ところが今回はハッキリ“ボルボっぽく”なっております。

それはデザインも大きいけど、なんといっても「しっかり感」「剛性感」だよね。ドアに触り、シートに座っただけで、なんとなく「安全」を感じるというボルボ車独特のワザ。おそらく、ドアの厚みとかスイッチの手応えとか、そういうものから来てると思う。

「V50」
「V50」
裏側が素通しになったセンターパネル「フリーフローティング・センタースタック」
裏側が素通しになったセンターパネル「フリーフローティング・センタースタック」

■良質なニブさ

だけど、逆に言うとボルボって、とびっきりの「滑らかさ」はないのよ。わかりやすい「上質さ」や「豪華さ」が昔からあまりない。
以前から、ボルボにはガサツというか大味なところがあった。でも長く乗ってるとそれが「ワザと」にも感じる。「ドライバーを疲れさせない」「乗る人に安心感を与える」ため、意図的にやってる味付けではないかと。そう感じさせるのがボルボの凄さで、アメ車だったら単純に「品質悪いんじゃないの?」で終わっちゃうところだ。

で、今回のV50にはそのボルボ独特の「良質なニブさ」があるのだ。
足は硬めで、乗り心地は決してよくはないんだけど、ガッチリ感があって長距離でも疲れない。独自の直5エンジンも妙な振動が残って、滑らかさはイマイチだけどトルキーだし、なにより個性がある。
ハンドリングはボディの前後バランスがいいのか、ことのほかよくて非常に飛ばしやすい。そういう意味では、今までのボルボのなかでピカイチかもしれない。

 
第127回:ハッキリ言ってイイです「ボルボV50」……っていうかやっと“ボルボ”に!?の画像
2.5リッター直5ターボ搭載のトップグレード「T-5」
2.5リッター直5ターボ搭載のトップグレード「T-5」

■期待されていたボルボ像

インテリアもボルボらしく「ジミ上品」。ターボモデルに設定されていた白い本革シートにしても派手すぎずイイ。ヤコブセン風デザインのインパネは、驚くほどクルマに似合ってたなぁ。東京モーターショーで見たときは「取って付けたみたい」ってちょっと思ったんだけどね。ラゲッジスペースにしても、広くはないけど、真四角で深さがあって使いやすそうだし。

ってなわけで「V70よりもうちょっとコンパクトで、日本で使いやすいボルボワゴンがあったら……」と思う人には、ピッタリのクルマに仕上がっております。昔からボルボは「上品な奥様」のイメージだったけど、実際はデカくて女性向きじゃなかった。そういう意味でも「期待されていたボルボ像」なんじゃないんでしょうか。いろんな意味で、今後の売れ行きに注目です。

(文と写真=小沢コージ/2004年5月13日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る