「三菱eKワゴン」に特別仕様車&一部改良

2004.05.12 自動車ニュース

「三菱eKワゴン」に特別仕様車&一部改良

三菱自動車は、セミトール軽ワゴン「eKワゴン」とスポーティな「eKスポーツ」に特別仕様車を設定。加えてeKシリーズおよび「ミニカ」のカタログモデルを一部改良し、2004年5月11日に発売した。

上質な内装と便利機能がウリの特別仕様車「eKワゴン・プレミアムエディション」では、上質感を出した派生モデル「eKクラッシィ」のベージュ内装色、スウェード調シート生地、3本スポーク革巻きステアリングホイール、電動格納式リモコンドアミラーなどを採用。価格は、2WDが97万6500円、4WDは109万4100円となる。

一方、同じく特別仕様の「eKスポーツ・レカロエディション」は、その名の通り、レカロ製セパレートシート(前席)、前後席シースルーヘッドレストを標準装備。2WDは139万6500円、4WDは151万4100円のプライスタグを付ける。

eKワゴン、eKスポーツ、eKクラッシィのカタログモデルでは、平成17年排出ガス規制値の50%低減レベル認可を取得。eKスポーツでは、従来メーカーオプションだったディスチャージヘッドランプを標準装備とした。

また「ミニカ」では、 商用バン、乗用を含めグレードを一部廃止し整理。3月生産車より全車平成17年排出ガス規制値の50%低減レベル、セダン2WD 5MT車およびバンの全車は2010年新燃費基準+5%以上をクリアし、 グリーン税制に適合した。また装備も一部変更した。

価格は、eKワゴンが95万5500円から119万7000円、eKスポーツが136万5000円(2WD)と148万2600円(4WD)、eKクラッシィは119万4900円(2WD)と131万2500円(4WD)。ミニカは乗用が72万300円から102万4800円、商用バンは58万2750円から79万1700円。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.com/

 
「三菱eKワゴン」に特別仕様車&一部改良の画像

「eKスポーツ・レカロエディション」
 

	「eKスポーツ・レカロエディション」
	 
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • 三菱、「eKカスタム」と「eKワゴン」を一部改良 2017.1.26 自動車ニュース 三菱自動車は2016年1月26日、軽乗用車「ekカスタム」と「ekワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良では、ボディーカラー展開の見直しと、一部グレードで装備の強化が行われた。
  • スズキ・ワゴンR 20周年記念車/ホンダN-WGN G・Aパッケージ/三菱eKワゴン G【試乗記(前編)】 2014.8.11 試乗記 日本における小型大衆車のスタンダードである軽トールワゴン。人気モデルの3台を徹底的に比較し、その実力を検証した。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • 三菱、軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良 2016.12.21 自動車ニュース 三菱が軽トールワゴンの「eKスペース」を大幅改良。標準モデル、カスタムモデルともにフロントまわりのデザインを一新した。装備の強化もはかっており、運転支援システムや安全装備を標準で備えた新グレードも設定している。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
ホームへ戻る