【スペック】全長×全幅×全高=4690×1760×1645mm/ホイールベース=2825mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/2.4リッター直4DOHC16バルブ(160ps/5700rpm、22.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=245万7000円(テスト車=309万4350円)

トヨタ・イプサム240s7人乗り(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・イプサム240s7人乗り(4AT) 2004.05.09 試乗記 ……309万4350円総合評価……★★★ミニバン界に押し寄せる“スポーティ”の波に合わせて設定された、「トヨタ・イプサム」のスポーティグレード「240s」。自動車ジャーナリストの森口将之が、箱根でテストした。
自動車ジャーナリストの森口将之

中庸の心を忘れない

「イプサム」というと、いまだに黄色い“イプー”の姿を思い出す人が多いかもしれない。でも2代目となった現行型は、初代とは位置付けが違う。エンジンが2リッターから2.4リッターになったことでわかるように、「ホンダ・オデッセイ」のライバルとして名乗りをあげたのだ。だからオデッセイがスポーティグレードの「アブソルート」を出し、それがヒットしたとなれば、イプサムも同じようなモデルを送り出す。それがトヨタというメーカーだ。
そんないきさつで2003年10月に発表されたのが「240s」だったが、わずか半月後にライバルのオデッセイがフルモデルチェンジ。アブソルートはミニバンとしては異例の専用エンジン・トランスミッションまで搭載してきた。まさにホンダの意地。記憶のなかにあるそのクルマと比べながら乗った240sは、いくらスポーティに装っても中庸の心は忘れないという、トヨタらしい精神にあふれていた。
たしかに専用エンジンは積んでいないし、デザインもあちらのほうがスタイリッシュだろう。でもミニバンを買うようなお客さんは、このぐらいのスポーツマインドを望んでいる。トヨタはアブソルートのようなクルマがつくれないのではなく、そこまで読んで240sを仕上げたのではないか。そう思えてしまうほど、その内容には説得力があった。
ただ、それが自分の趣味嗜好に合っているかどうかは、また別問題だが。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年5月14日に発表された2代目「イプサム」は、「ミニバン、トゥモロー」をテーマに開発された。「ホンダ・オデッセイ」にならった4枚ヒンジドアのボディは継承しつつ、車体寸法、エンジンともに、「5ナンバーサイズ、2リッター直4」の先代よりひとまわり大きくなった。ドライブトレインは、2.4リッター直4ツインカム+4ATの1種類。FFモデルのほか、「アクティブトルクコントロール4WD」システムを備え、「FF」と「4WDオートモード」が選べる4WD車も用意される。
2003年10月2日にマイナーチェンジを受け、スッキリした顔つきになり、内外装に新色が設定された。情報ネットワークサービス「G-BOOK」に対応したDVDナビが設定されたことも新しい。
(グレード概要)
マイチェンにともなってグレードが底上げされた。素の「e」は廃止され、ベーシックな「i」、よりスポーティにふった「s」、そして装備充実の「u」が設定される。それぞれにFFと4WDモデルあり。
「240s」は、イプサムの中核を担うスポーティグレード。15mmローダウンのサスペンションや専用エアロパーツ、1サイズ大きい215/50R17インチタイヤ+アルミホイール、テールパイプディフューザーなどで外観を演出。インテリアは、240sのみ、赤い照明のオプティトロンメーターや、ダークグレーのウッドパネルを装着する。



トヨタ・イプサム240s7人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像


トヨタ・イプサム240s7人乗り(4AT)【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
インパネのデザインは他のイプサムと同じで、いかにもトヨタらしくオーソドックス。ダークグレーのカラーやブラックの木目調パネル、赤い文字のメーターのおかげで、イメージは違っているが、ライバルと比べると思い切りが足りないという印象を受けてしまう。それに、室内全体がかなり暗く感じる。明るいトーンを使ってスポーティにまとめるテクニックはなかったのだろうか。
センターコンソールにあるエアコンのスイッチは、温度調節をセンターの丸いダイヤルで行う。最近よく見かけるレイアウトだが、ダイヤルの出っ張りが少なく、あまり操作しやすくなかった。逆に使いやすかったのが、ドッグレッグしたATのシフトレバー。力をかけやすく、望むポジションに楽に入れることができた。
(前席)……★★★★
240sの前席には、スポーツシートを採用している。厚みのある座面はフッカリした座り心地で、スポーティではないがラクチンではある。背もたれはわりとタイトなサポート感で、張りもあって、こちらは満足できる。シート高は高すぎず低すぎずの絶妙な位置で、ドライビングポジションは自然。しかし表面の素材や柄は黒っぽいだけで、とてもスポーティとは呼べないものだった。
(2列目シート)……★★★★
前席よりはすこし小ぶりで、形状も平板になるが、座面の厚みはじゅうぶんにあって、こちらも快適。いちばん後ろにスライドさせると、身長170cmの人間が理想的なドライビングポジションを取った場合、ひざの前には30cm近い空間が残り、頭上にも余裕がある。着座位置は前席よりすこし高めで、見晴らしもよかった。
(3列目シート)……★★★
2列目をいちばん後ろにセットしても、自分の体格ならなんとか足が入る。セカンドシートのスライド位置を中間にセットすれば、楽に座れる。ただし頭上は髪の毛が天井に触れる。
座り心地は前席や2列目と大きく違い、かなり硬め。ヘッドレストはいっぱいまで伸ばしても自分の頭には届かない。サイドウィンドウが途中で終わっているので、閉所感もある。広さはそこそこだが、こういう部分まで含めて考えると、緊急用と考えたほうがいいだろう。
(荷室)……★★★★
個人的に、3列シートのミニバンは、5人乗りを基本として、その後ろに人間を乗せるか荷物を積むかを選ぶクルマだと思っている。だから定員乗車時のラゲッジスペースの奥行きが、30cmほどしかなくても納得できる。フロアの位置は高いが、カバーの下にはかなり深い収納スペースがあり、カバーを取って背の高いものを積めるなど、いろいろな使い方ができる。3列目シートは背もたれを倒すと座面が沈み込んで低くフラットに畳めるなど、シートアレンジの使いやすさ、空間効率ともに優れている。ここまできたら、あとはヘッドレストを外さなくても畳めるようにしてほしい。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
2.4リッターの直列4気筒エンジンは、他のイプサムと共通。急な上り坂でなければ力不足は感じないが、発進直後の加速を意図的に鋭くしたセッティングは、長く乗っているとわずらわしさを感じる。4000rpm以上まで回すと大きくなる音は、耳障りな音質ではないものの、スポーティモデルとしての演出はいまひとつ。組み合わせられるATが4段なのも、不満が残る。ライバルのオデッセイ・アブソルートが専用エンジン・トランスミッションを持ったいまとなっては、物足りなさが残る。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
乗り心地は普通のイプサムよりは硬めになっている。街なかでは揺れが目立つこともあるが、ボディ剛性がしっかりしているおかげもあって、鋭いショックは伝わってこない。ミニバンのスポーティモデルとして絶妙なセッティングだ。
ハンドリングはかなり満足のいくものだった。タイヤが太くなったためか、ステアリングは重めだが、ロールはうまく抑えられているし、フロントのグリップレベルは高く、リアの挙動変化も控えめになっている。ブレーキもじゅうぶんな効きを示してくれた。「ミニバンは運転が楽しめない」と思っている人も、これに乗れば考えが変わるだろう。

(写真=清水健太/2004年5月)

【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2004年4月5日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:5974km
タイヤ:(前)215/50R17(後)同じ (いずれもトーヨー・トランパスJ48 )
オプション装備:前席SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ(7万3500円)/音声案内クリアランスソナー&<イプサム・シアターシステム>G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション(53万3850円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(5):山岳路(2)
テスト距離:283.5km
使用燃料:43.6リッター
参考燃費:6.5km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る