【スペック】アベンシスXi:全長×全幅×全高=4630×1760×1480mm/ホイールベース=2700mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=231万円

トヨタ・アベンシス セダンの「ライバル車はコレ」【ライバル車はコレ】

“ヨーロピアン”対決 2004.05.03 試乗記 トヨタ・アベンシス セダンの「ライバル車はコレ」「欧州品質」のキャッチフレーズをひっさげ、英国から輸入される「トヨタ・アベンシス セダン」のライバル車を、自動車ジャーナリストの河村康彦がチョイスした。

トヨタ・アベンシス セダン(2リッター=231万円〜288万7500円)

「トヨタ・アベンシス」が最大のマーケットと目論むのはヨーロッパ地域。それゆえ、デザイン開発は南仏にある、トヨタのヨーロッパ拠点「EDスクエア」をメインに行われた。生産も、イギリス工場のみで行われる。
そんなわけで、そもそも日本市場など眼中になかった(!?)このクルマを、トヨタは「できるだけ現地仕様のテイストのままで日本に持ち込む」ことで、逆に特徴付けようとした。トヨタ車としては意外にも(?)硬派な走りが、このクルマのセールスポイントのひとつなのだ。

それゆえ、ブレーキローターの耐摩耗性などに関して、「これまでの日本向けトヨタ車とは、異なる社内基準をあてはめた」という。そうは言っても、やはり欧州で販売する車両をそのまま運んでこないところが、トヨタ流の心遣い。たとえば、スタート時の電子制御スロットルの特性を「多くの日本人の好みに合わせてややシャープにする」など、スペックに表れない部分で、日本向け専用のリファインがこっそり(?)と行われてもいるのだ。

セダン/ワゴン/ハッチバックと、3タイプのボディが揃うのが欧州仕様のアベンシス。だが、日本に運ばれてくるのは前2者のみとなる。エンジンも、日本仕様はストイキ(理論空燃費)燃焼を行う、2リッター直噴ガソリンユニット1種類。ヨーロッパで大人気のディーゼルや、より排気量の小さい廉価版は「日本での市場性を考えて」導入が見送られている。ナンだカンだいっても、ヨーロッパ仕様とは色々と異なるのが、日本のアベンシスなのだ。

【ライバル車その1】フォルクスワーゲン・パサートV6 4モーション(2.8リッター=417万9000円)

■間違われた先達

ひょんなことからヨーロッパのとある国で、発売直前のアベンシスを目撃したことがある。そのクルマは、フロントグリル上部の“トヨタマーク”と、リアのエンブレム類をガムテープで覆っただけ、という簡単な擬装を施したものだった。が、その時ぼくは、てっきりそれをフォルクスワーゲンの新型車だと勘違いした。
というのも、大きなマークがボンネットフードにまで食い込むのは、このところの最新VW車に共通するデザイン記号だからだ。そんなわけで、ガムテープで覆われたマークがボンネットフードへと食い込んでいた“擬装車”を、てっきり新しい「パサート」か何かだと思ってしまったのである。
それにしても、横桟グリルに“ボンネット食い込みマーク”を備えるアベンシスの顔つきは、ぼくには“VWチック”に見える。そもそも、ごくごく常識的なラインを描くアベンシスの全体的なシルエットは、多くの日本人が「ヨーロッパのクルマ」に期待をするソレからは、少々乖離したものではないだろうか。

アベンシスよりも70mm長く、15mm幅の狭いボディの持ち主である本家(?)パサート。いまやV型6気筒やW型8気筒エンジンという、アベンシスでは望むことのできないプレミアムなパワーユニットを選択することが可能になった。当然それらは、加速のスムーズさや静粛性において、いずれも4気筒のアベンシスを大きく上まわる。ただし、プライスタグはアベンシスよりもグンと上だ。VWはいま、パサートというクルマを、アベンシスや「ホンダ・アコード」「マツダ6」(アテンザ)といった日本車の猛攻から守るべく、必死の上級移行を図る過渡期にある。そのように解釈すべきかもしれない。

【ライバル車その2】マツダ・アテンザ セダン(2リッター=189万円〜247万8000円)

■欧州を念頭に置くが……

ヨーロッパでは「マツダ6」、すなわち、日本名「アテンザ」の評判が良好だという。クリーンでスポーティなルックス。そんな見た目とマッチした軽快な走り味が、リーズナブルな価格で手に入るとなれば、合理精神に溢れた彼の地の人に好まれるのも不思議はないだろう。

一方、日本での売れ行きは、前評判ほど高くはないようだ。その要因のひとつに、1780mmという、アベンシスより35mmも広い全幅にあるとぼくは思う。
このところ、日本国内の“セダン離れ”の影響を受けて、日本のためのセダンがすっかり影を潜めてしまったように感じる。ボディサイズは、どれもこれも欧米マーケットを念頭に置いたものばかり……。これでは、国内のセダン市場はさらに冷え込む悪循環を生み出すだけだろう。
見た目も走りのテイストも、スポーティさをより強く押し出すアテンザのキャラクターは、アベンシスに比べてよりわかりやすく、市場にも受け入れられるはずだ。しかし、せっかくの特徴を「広すぎる全幅」が多少なりともスポイルしているとすれば、それは残念なことである。

ちなみに、デザインは頑張るものの、インテリアの質感が少々安っぽいのは、「デミオ」や「アクセラ」にも共通するマツダ車のウィークポイント。いかにもソツのない仕上がりを見せるアベンシスと比べると、この部分の劣勢は明らかと言わなければならない。

(文=河村康彦/2004年5月)

【スペック】
パサート V6 4モーション:全長×全幅×全高=4700×1745×1460mm/ホイールベース=2700mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6DOHC30バルブ(193ps/6000rpm、28.6kgm/3200rpm)/車両本体価格=417万9000円)

【スペック】パサート V6 4モーション:全長×全幅×全高=4700×1745×1460mm/ホイールベース=2700mm/車重=1640kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6DOHC30バルブ(193ps/6000rpm、28.6kgm/3200rpm)/車両本体価格=417万9000円)


トヨタ・アベンシス セダンの「ライバル車はコレ」【ライバル車はコレ】の画像
【スペック】
アテンザ20C:全長×全幅×全高=4670×1780×1430mm/ホイールベース=2675mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、18.6kgm/4500rpm)/車両本体価格=210万円

【スペック】アテンザ20C:全長×全幅×全高=4670×1780×1430mm/ホイールベース=2675mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(144ps/6000rpm、18.6kgm/4500rpm)/車両本体価格=210万円


トヨタ・アベンシス セダンの「ライバル車はコレ」【ライバル車はコレ】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る