【スペック】全長×全幅×全高=4700×1760×1525mm/ホイールベース=2700mm/車重=1410kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/車両本体価格=304万5000円(テスト車=同じ)

トヨタ・アベンシス ワゴン Li【ブリーフテスト】

トヨタ・アベンシス ワゴン Li 2004.05.02 試乗記 総合評価……★★★……304万5000円2003年10月6日に発売された欧州製トヨタ車「アベンシス」。装備が充実したワゴン「Li」モデルに、阪和明CG編集局長が乗った。

欧州で生まれたトヨタ車

なにしろ「トヨタがつくった欧州車」である。グローバルな展開をしている今日の自動車産業のなかにあって、こんなこと言われてもビックリしてしまうが、ともかくこれまでの日本車とは違うことを強調したいのだろう。たしかに、生産拠点はイギリスだし、スタイリングを担当したのは仏ニースのデザインオフィスだから、ヨーロッパ生まれに違いはない。
基本性能も悪くない。いやむしろ、堅実で真面目なつくりには好印象を抱く。しかし、ヨーロッパの実用ステーションワゴンの基準に照らしてみれば可もなく不可もなくといったところで、カタチをはじめとして新鮮味には欠ける。まあ、それはすべてにソツがないということなのだが、だから、このクルマは「欧州で生まれたトヨタ車」といわれたほうがずっと納得できる。
総合評価は★3つとしたが、あと★半分を加えたいところだ。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「アベンシス」は、英国TMUK(Toyota Motor Manufacturing UK)で生産される英国車。同名を使ったモデルとしては2代目になる。2003年10月6日に、日本国内でのデビューを果たした。セダンとワゴンが用意され、わが国では、いずれも「2リッター+4AT」モデルが販売される。FF(前輪駆動)ほか、ビスカスカプリングを用いた「Vフレックスフルタイム4WD」モデルもカタログに載る。
(グレード概要)
アベンシスは、セダン、ワゴンとも、ベーシックな「Xi」と、装備を充実した「Li」がラインナップされる。Liは、室内のトリムレベルが上がるほか、ひとまわりスポーティな「215/45R17」のタイヤを履き、「ブレーキアシスト」「VSC」「カーテンエアバッグ」などを標準で装備する。





写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
運転席からの眺めはすっきりしている。センターコンソール部の銀色のアルミパネル、室内をぐるりと一周する帯状のウッド風パネルに、厭味はない。むしろ落ち着いた雰囲気を醸し出している。インストルメントパネルの仕上げはなかなか上質だ。装備は抜かりなしといった印象で、サイドカーテンエアバッグ等々、安全対策に向けたひととおりがずらりと揃う。Liグレードなので、DVDカーナビも標準で、オプションを追加する必要を感じないくらい装備はとても充実している。
(前席)……★★★
ファブリック地のシートの感触はいい。すこし硬めだが快適で、横方向のサポートはクルマの性格を考えるなら充分なものである。クッションの高さおよび、背もたれの傾き調整を行なうレバーの操作も慣れてしまえば問題はない。一度適切なポジションを得られれば、けっこうらくちんだ。
(後席)……★★★
前席同様に天井と乗員の頭との空間はたっぷりある。同時にまた側頭部のスペースもそこそこあり、窮屈な感じはまったくない。膝まわりにも余裕がある。もっともクッション自体はそれほど肉厚ではないので、長い間座り続けたらどうなのか気になるところではある。
(荷室)……★★★★
ワゴンはセダンよりも全長が長い。伸びたぶんがそのまま荷室の拡大につながった。リアシートを立てたままの状態で、トランクは不足ない広さがあるのはもちろん、シートを畳めば広大なスペースが生まれる。前輪を外さなくても大人用自転車を(寝かせた状態で)積めるのは確認済み。荷室を覆うカバーを巻き取る横バーを、床下にきちんと収納できるのはトヨタらしいありがたさ。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★
このクルマでいちばん気になるのがエンジンである。低燃費を狙ったガソリン直噴4気筒ユニットは、お世辞にも滑らかに回るとはいえず、なにより低回転域のトルクが細いのが欠点だ。したがって4段ATとの相性もあまりよくなく、走りっぷりは気持ちいいものではない。飛ばさないドライバーでも、動力性能には不満が残りそうだ。
(乗り心地+操縦性)……★★★
一般的なトヨタ車より乗り心地は硬めである。いたずらに硬いだけではなく、ハーシュネスの遮断はまずまずだ。ボディの剛性感の高さも効を奏しているのだろう。しかし、サスペンションの動きは「しなやか」と呼ぶにはもう一歩だ。17インチの太めのタイヤが悪さをしているのかもしれない。
コーナリングは常に安定している。ステアリングはピシっとしているし、とても正確。「なるほどヨーロッパ車的だわい」と強く感じる部分である。

(写真=清水健太/2004年5月)

【テストデータ】

報告者:阪和明CG編集局長
テスト日:2004年3月29日-4月2日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:7305km
タイヤ:(前) 215/45R17(後)同じ
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(7):高速道路(3)
テスト距離:139.6km
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る