トヨタ、「カローラ」シリーズをマイナーチェンジ

2004.04.30 自動車ニュース

トヨタ、「カローラ」シリーズをマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、「カローラ」とそのワゴン「カローラフィールダー」、そしてハッチバック「カローラランクス」「アレックス」をマイナーチェンジし、2004年4月27日に発売した。内外装、装備の変更、燃費向上などが主な内容。

フード、フェンダー、ラゲッジパネルや、フロントグリル、ランプ、バンパーなどを新意匠化。内装では、インストルメントパネルアッパー部を新デザインとしたほか、加飾パネルの追加、スエード調シート表皮を与えるなどした。

装備面では、見通しの悪い交差点などで車両前方左右をチェックするブラインドコーナーモニターやスマートドアロック、オートレベリングシステムを付けたディスチャージヘッドランプなどを盛り込んだ。

さらに、1.5リッター「1NZ-FE」エンジンを改良し、燃費を向上。また安全面ではSRSカーテンシールドエアバッグを設定した。

一番排気量の多い1.8リッター「2ZZ-GE」ユニット搭載車は、前後ともサスペンションタワー間に、車体のたわみを適切にコントロールするとされるパフォーマンスダンパーを追加。サスペンションをローダウン化した。

価格は、カローラが117万6000円から221万5500円、カローラフィールダーが144万9000円から218万4000円、カローラランクスは149万1000円から214万2000円、アレックスが149万1000円から214万2000円までとなる。なお、カローラ、カローラフィールダーの福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良を施した。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

 
トヨタ、「カローラ」シリーズをマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カローラ フィールダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カローラ フィールダー1.5G“W×B”(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.12 試乗記 マイナーチェンジを受けた「カローラ」シリーズの中からワゴンモデルの「フィールダー」に試乗。23.0km/リッター(JC08モード)の燃費をうたう新型1.5リッターエンジン搭載車の“実用車力”を探った。
  • トヨタ・カローラ フィールダー ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2013.10.2 試乗記 「トヨタ・カローラ」シリーズに燃費33.0km/リッターのハイブリッド仕様が登場。トヨタ伝統の定番車種は、ハイブリッドシステムを得てどんなクルマとなったのか。2泊3日の試乗を通して確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
ホームへ戻る