「トヨタ・イスト」小変更

2004.04.28 自動車ニュース
 

「トヨタ・イスト」小変更

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」からの派生モデル「イスト」を一部改良し、2004年4月22日に発売した。

 

「S」に「Lエディション・エアロスポーツパッケージ」を新設定。電動格納式リモコンカラードドアミラー、前後バンパースポイラー、専用カラードサイドマッドガード、スーパークロームメタリック塗装15インチアルミホイール、専用加飾センターメーターで“エアロ”感を演出。サスペンションには専用チューニングを施しているという(2WD車)。

ボディカラーに「グレーマイカメタリック」「ライトアクアメタリックオパール」の2色を加え、またトヨタの情報ネットワークサービス「G-BOOK」対応カードボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーションIIをオプション設定したことも新しい。

エンジンは1.3リッターと1.5リッター。FFと4WDを用意し、価格は123.9万円から184.8万円まで。福祉車両「ウェルキャブ」にも同様の改良を施しているが、「S Lエディション・エアロスポーツパッケージ」は設定されない。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「イスト」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/ist/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリス120T/86 GT“リミテッド”/プリウスα G's/ハリアーG's【試乗記】 2015.4.14 試乗記 マイナーチェンジと合わせ、新開発の1.2リッターターボエンジン搭載モデルが追加された「オーリス」と、小変更を受けた「86(ハチロク)」、「G's」のラインナップに加わった「プリウスα(アルファ)G's」「ハリアーG's」をサーキットで試乗した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る