トヨタ「アベンシス」「ヴィッツ」らに特別仕様車

2004.04.28 自動車ニュース

トヨタ「アベンシス」「ヴィッツ」らに特別仕様車

販売ネットワークを再編成しているトヨタ自動車は、装いも新たになる「ネッツ店」の誕生を記念した特別仕様車「NEO Edition」を、「アベンシス」「ウィッシュ」「ヴィッツ」「ラウム」「bB」各車に設定、2004年5月1日に発売する。
ちなみに「NEO」とは「NEW ERA OPENING(新時代の幕開け)」という意味とか。

●アベンシス

セダン「Li」をベースに、本革シート表皮、マルチアジャスタブルパワーシートを特別装備。内装色をアイボリーとした。価格はベース車プラス17万8500円で、306万6000円。

●ウィッシュ

2リッター「2.0G」(198万2400円)、1.8リッター「1.8X」(177万2400円)をベースに、ディスチャージヘッドランプ、フロントフォグランプなどを付与。車内に専用ドットパターンを配した。2リッターモデルが205万8000円、1.8リッター版はFFが184万8000円、4WDが211万500円。

●ヴィッツ

「U」「F」をベースに、専用ラジエーターグリル、専用バンパーコーナープロテクションモールでお化粧。車内はアイボリーで、ワイヤレスドアロック対応キー2本、ディスチャージヘッドランプ(オプション)を用意する。119万7000円から135万9750円まで。

●ラウム

標準グレードをベースに、ディスチャージヘッドランプ、グレー内装色、フレシール加工フルファブリックシート表皮などを与えた。FFが163万8000円、4WDは182万7000円。

●bB

「Z」をベースに、ステンレス製の大型サイドロッカーモールを採用。ドアミラー、アウトサイドドアハンドルをメッキ化し、専用アルミホイールでキメる。内装はスポーティな専用シート表皮とした。FFが174万3000円、4WDは191万1000円。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車:
http://www.toyota.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る