第125回:コージのNYショー報告(番外編)ホーム開幕戦で“生松井“を観てきました

2004.04.28 エッセイ

第125回:コージのNYショー報告(番外編)ホーム開幕戦で“生松井“を観てきました

■開幕戦の相場は2倍!

スポーツ紙的にいうと完全に終わってるネタだけど。4月はじめに行われた「ニューヨーク・ヤンキース」のホーム開幕戦を観てきました。本当の開幕戦は日本で行われたんだけどね。本拠地ヤンキー・スタジアムでの開幕はこの日ってこと。とにかく久々のNYなんで「なんか面白いものみたいなぁ」と思ってたわけよ。そしたらNYショーのプレスデー2日目の午後にコレがあって、しかも幸運にもチケットを前日にGET!(古いか、言い方が?)。
つくづく便利だよね、インターネットって。ホームページで日本語のわかる現地のエージェントを見つけて、電話するだけでOKでした。

ところで、チケット代がやたら高い。正規値段は約25ドル(約2700円)の外野3階席、しかし買値は100ドル(約1万1000円)! ほかにも、内野席で400ドル(4万4000円)ってのもあって「NBAでも行ったつもりで買うか」とも思ったけど、やっぱり100ドルチケットにしました。
これでさえ次回も行くかなぁ? って値段だけど、実は普段の倍ぐらいなんだって。開幕戦だからこその値上がり率。普段が50ドルぐらいだったら、また行っちゃいそうです。

■ノリは阪神

さて外野3階席からの眺めはどうか。結論から言うと「なかなかよかった」。というのもヨーロッパのサッカースタジアムもそうだけど、上に行くほどスタンドの傾きが急になっており、ほとんど真上から見るような視角が得られる。グランド全体を見るという意味では内野席より逆にイイくらい。もっとも、松井選手の顔なんて見わけられなかったけどね。

あとね、つくづく野球がブルーカラーのモノだってのがわかりました。たとえば洋服。一緒に行った人と話してたんだけど「97%ぐらいがジーンズ&トレーナー&スニーカー」で、スーツ着用なんて一人もいない。金曜日の夜だったから、日本ならオフィスワーカーの一人ぐらいいると思うけど、そのテの人が一人もいない。

あと、9割ぐらいはヤンキースのユニフォームとかTシャツ着てたね。「阪神の応援団みたいだよね」って言ってたんだけど、まったくそう。ヤンキースって、日本だと巨人っぽいイメージだけど、実はもっと阪神寄りで、ファンは熱狂的なのよ。外野席なんて問答無用で「ヤンキース最高!」って連中ばっかり。一部、ほとんど酔っ払いの「野球なんか観てないんじゃない?」って人もいて、これぞメジャーリーグ!! なんて思いました。日本人みたいに細かく「防御率がどうだ」とか「今日は左ピッチャーだから誰それがいいな」なーんて分析してる人は少なそう。単純に「オラがチームが今日は勝つ!」って信じてる人ばかり。いわば日本代表チームを応援しにくるファンのノリ。

これぞスポーツ観戦の醍醐味、野球の正常進化だと思いました。なんだかんだで「酒のつまみ」もしくは「騒ぐきっかけ」。もっとカッコよくいうと「愛国心」及び「郷土愛」の掲揚とでもいうんでしょうか。それに比べて、日本は妙にオタク化してる部分あるよね。テクニックに走ってしまうというか、本当の郷土愛が育ってない。一部、阪神とかダイエーは違うんだろうけどさ。Jリーグもそうだけど、本当の意味でホームタウン制度が定着したら、日本のプロスポーツはもっと面白くなるんだろうね。


第125回:コージのNYショー報告(番外編)ホーム開幕戦で“生松井“を観てきました

それから、松井は結構愛されてるって気がしたなぁ。4打席1エラーで出塁してたけど、ブーイングがなかったのはもちろん、球場外では「Jeter」「Rodriguez」に続いて「Matsui」Tシャツを並べてる店もあった。
うれしいもんだよね、そういうのって。

(文と写真=小沢コージ/2004年5月1日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』