高級マンションにカーシェアサービス

2004.04.27 自動車ニュース

高級マンションにカーシェアサービス

TVRやMGローバーなどの正規インポーターであるオートトレーディングルフトジャパン(オートトレーディング)は、高級賃貸マンション「ビュロー品川」の入居者に向けた新しいカーシェアサービスを、2004年4月23日に開始した。

ビュロー品川は、“サービスアパートメント”と呼ばれる高級賃貸マンション。部屋には家具が備わり(家具なしの部屋もあり)、クリーニングや室内清掃など、ホテル並みのサービスが用意される。一般的な賃貸マンションに比べて割高だが、ホテルよりリーズナブルとあって、長期出張者などが利用するという。
「家具つきなら、クルマもそろえれば完璧」との発想で生まれたという、このカーシェアサービス。料金は賃料プラス6.0万円で、メンテナンスや保険、駐車料金が含まれる。

貸し出す車種は、MGローバーやTVR、ロータスなど、オートトレーディングが正規輸入するモデルが中心。ただし、「自社ブランドにとどまらず、国内外のモデルから選定する」(プレスリリース)とは、並行輸入車販売で名を馳せた同社らしいところか。1号車に選ばれたのは、ビジネスでの利用やTPOを考慮して「ローバー75」。“共有”するシステム上、現在は1車種のみだが、利用者が増えればモデルラインナップも拡大されるという。

オートトレーディングは今後、ビュローシリーズとともに、カーシェアサービスを推進する方針。メンテナンスや人材派遣などの経験を蓄積し、コンサルティングサービスへ発展させたい考えだ。

(webCGオオサワ)

オートトレーディングルフトジャパン:
http://www.autotrading.co.jp/
ビュロー品川:
http://www.bureau.co.jp/ja/bureau/shinagawa/

高級マンションにカーシェアサービスの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。