ルノーF1フォール会長、「F1はメーカーのレースになる」

2004.04.23 自動車ニュース

ルノーF1フォール会長、「F1はメーカーのレースになる」

ルノーの上級副社長でルノーF1チームの会長兼CEOでもあるパトリック・フォールが来日。2004年4月22日、東京・銀座で記者会見が行われた。

■F1は認知度を上げるベストな方法

F1ヨーロッパラウンド開幕戦、第4戦サンマリノGPを前に、ルノーF1の“大ボス”であるパトリック・フォールが来日した。
この日の記者会見の柱は2本。フォールによる、F1をはじめとするルノーのモータースポーツ活動について、そしてルノージャポン社長のアラン・レーマンによる、日本市場についてのプレゼンテーションが行われた。

ルノーのモータースポーツ活動のなかでもっとも重要なカテゴリーと位置付けられるのがF1だ。
シャシーとエンジン双方を手がけた1977〜1985年が「第1次ワークス時代」。エンジンサプライヤーとして一時代を築いた1989〜1997年を間に挟み、2002年、「ベネトン」チームを買収し、「第2次」ルノーワークスチームが誕生した。昨2003年はオールルノーとして20年ぶりの勝利を、第13戦ハンガリーGPでフェルナンド・アロンソが記録。コンストラクターズランキングは3強(フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレン)の直下、4位に入った。
トップ3に食い込むという目標を掲げた今シーズンは、第3戦終了時点でフェラーリに次ぐランキング2位と、出だしは好調。2005年からは、ターゲットをいよいよ頂点に設定する。

「ルノーがF1をやる理由は2つある。世界市場での販売拡大のため、そして各国のルノー社員のモチベーションを上げるためだ」と言い切るフォール会長。マーケティングツールとして、世界中を転戦するF1は、「認知度を上げるベストな方法」であるという。

ラリーでは、ジュニア・ワールド・ラリーチャンピオンシップやナショナルシリーズのスーパー1600などに参戦しタイトルを獲得しているルノーだが、フォール会長は「同郷のライバル(プジョー、シトロエン)のようにWRCにステップアップすることはない。なぜならわれわれにとってF1が主たるモータースポーツ活動だからだ」と断言。ラリーはあくまでユーザーサポートであり、今後もF1に資本を傾注する考えを明らかにした。

■F1はメーカーのレースになる

現在F1に出場している10チームのうち、大手自動車メーカーが積極的に関わっているチームは7つもある。近年、コストの高騰が深刻な問題となっているGPサーカスだが、その原因の一端がこうしたメーカーの台頭にあることは否定できない。

F1の将来について、フォール会長は、「ますます“メーカーのレース”になるだろう」とコメント。「知名度を上げるためのツール」として、今後もメーカーの参画が続くだろうと予想する。

一方で、コスト高には手を打つべきだと述べ、その方策として「テスト日数を減らす」「エンジンをV8にする」などがあるはずだと語った。

純粋にレースのためにある従来のコンストラクターと比べると、利潤を追求するメーカーは、レースから手を引く可能性が高いという危惧感もある。
仮に所期の目標である「2005年以降のタイトル獲得」が実現したとしたら、ルノーはどれくらいの期間F1にとどまり続けるのか、との質問に対しては、「マーケティングの上でも、知名度浸透には時間がかかる。コストがうまく抑えられれば、長くとどまるべきだろう」と返した。

■2006年までに6000台

替わってスピーチに立ったルノージャポンのアラン・レーマン社長は、今後の日本市場での販売展開などについてプレゼンテーションした。

「退屈へのレジスタンス」を標榜するルノーは、2006年までに6000台を販売する計画を立てている。Bセグメント「クリオ」「カングー」とCセグメント「メガーヌ」をあわせた販売台数は、2004年1-3月の前年同期比で440台増の976台を数えたというが、ターゲットはまだ遥か彼方だ。

スポーツ関連で言えば、「サンクターボ」の再来、後席の替わりに254psの3リッターV6をミドシップした「ルーテシア・ルノー・スポールV6」は、限定50台のうち30台を販売。そして、メガーヌのホットバージョン、225psの直4ターボ搭載「メガーヌ・ルノー・スポール2.0」が、2004年10月に日本上陸を果たすことも明らかになった。

(webCG 有吉)

ルノーF1フォール会長、「F1はメーカーのレースになる」の画像

ルノー上級副社長であり、ルノーF1チームの会長兼CEOでもあるパトリック・フォール。1979年からルノーに携わり、2002年にF1チームを統括する立場に就いた。

ルノー上級副社長であり、ルノーF1チームの会長兼CEOでもあるパトリック・フォール。1979年からルノーに携わり、2002年にF1チームを統括する立場に就いた。

序盤3戦を終え、首位フェラーリとは29点差のコンストラクターズランキング2位。フェルナンド・アロンソ(写真)、ヤルノ・トゥルーリとも、ドライバーズランキング5位タイだ。

序盤3戦を終え、首位フェラーリとは29点差のコンストラクターズランキング2位。フェルナンド・アロンソ(写真)、ヤルノ・トゥルーリとも、ドライバーズランキング5位タイだ。

スーパー1600など、ラリーのジュニアカテゴリーでは「クリオ」(日本名ルーテシア)が健闘しているが、「WRCへのステップアップはない」という。

スーパー1600など、ラリーのジュニアカテゴリーでは「クリオ」(日本名ルーテシア)が健闘しているが、「WRCへのステップアップはない」という。

ルノージャポンのアラン・レーマン社長は、日本語でスピーチ。

ルノージャポンのアラン・レーマン社長は、日本語でスピーチ。

本国で発売されたばかりの、225psの直4ターボ搭載「メガーヌ・ルノー・スポール2.0」は、2004年秋に日本へやってくる。

本国で発売されたばかりの、225psの直4ターボ搭載「メガーヌ・ルノー・スポール2.0」は、2004年秋に日本へやってくる。

6月1日より、「ルーテシア・ルノー・スポール2.0」を買ったひとのなかから30名に、「オリジナルチタンスポーツマフラー」「OZレーシング16インチアルミホイール」そして「アロンソ&トゥルーリ直筆サイン入りキャップ」などがセットになった「キットスポール」がプレゼントされる。

6月1日より、「ルーテシア・ルノー・スポール2.0」を買ったひとのなかから30名に、「オリジナルチタンスポーツマフラー」「OZレーシング16インチアルミホイール」そして「アロンソ&トゥルーリ直筆サイン入りキャップ」などがセットになった「キットスポール」がプレゼントされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。