【スペック】全長×全幅×全高=4770×1895×1855mm/ホイールベース=2780mm/車重=2100kg/駆動方式=パートタイム4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(220ps/5500rpm、35.5kgm/3750rpm)/車両本体価格=394万2750円(テスト車=413万4900円)

三菱パジェロ ロング エクシードII(5AT)【ブリーフテスト】

三菱パジェロ ロング エクシードII(5AT) 2004.04.21 試乗記 ……413万4900円総合評価……★★★“パリダカ”などでの活躍で知られる、日本を代表する本格オフローダー「パジェロ」。3列7人乗りのロングボディ版「エクシードII」に、自動車ジャーナリストの生方聡が試乗した。
自動車ジャーナリストの生方聡氏。

自動車ジャーナリストの生方聡氏。
2004年のパリダカで、史上最多となる9度目の総合優勝で4連覇を達成した「三菱パジェロエボリューション」。
(写真=三菱自動車)

2004年のパリダカで、史上最多となる9度目の総合優勝で4連覇を達成した「三菱パジェロエボリューション」。 (写真=三菱自動車)

“リアル・オフロード志向”の方へ

「パジェロ」は、乗用車的な部分を取り入れながらも、オフロードの走破性に妥協を許さない本格派オフローダーだ。本来ならオフロードの試乗を行うべきところだが、今回は実際に使われることの多いオンロードでの試乗となった。
オフロードでも十分走れるタイヤを装着するため、多少静粛性が犠牲になったり、比較的フロアが高いせいで乗降性があまりよくなかったり……などの理由から、やや点が辛くなってしまった。もちろん、オンロードだけではこのクルマの魅力を語り尽くせないのは、重々承知している。オールマイティなワゴンとして、非常に高い性能を持つことも確認できた。

SUVの多様化は喜ぶべきことだ。本格的なオフロード性能を求める人、SUVのスタイリングとパッケージングを求める人、高級車としての価値を望む人など、様々なニーズに応えるモデルが揃っている。それだけに、街なかの快適性を求める人がパジェロを選ぶと「期待はずれ」……ということも考えられる。パジェロは、本当にオフロード志向の人に乗ってほしいクルマなのである。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
いわゆる“パリダカ”などでの活躍で知られる、日本を代表する本格オフローダー。初代は商用バンとして1982年5月にデビュー、83年3月に乗用車登録できるワゴンが加わった。以後、91年1月と99年9月にフルモデルチェンジを受け、99年のフルモデルチェンジで、3世代目にあたる。現行モデルは、ラダーフレームから、フレーム内蔵モノコックボディに変更。サスペンションもリジッドから4輪独立サスペンションになった。エンジンは直噴「GDI」などを採用して近代化を図るとともに、ボディサイズを拡大した。
ボディバリエーションは、「ロング」(5ドア)と「ショート」(3ドア)の2サイズ。ロングは3列シートの7人乗りとなる。2002年9月にはフロントスタイルをすこし改め、ロングに「エクシード」という名の比較的廉価なグレードが加わった。
エンジンは、ディーゼルが3.2リッター直4DOHC16バルブターボ(175ps)、ガソリンユニットは、3リッターV6SOHC24バルブ(180ps)と、3.5リッターV6DOHC24バルブ「GDI」(220ps)を用意。トランスミッションは、ごく一部のグレードにのみ5段MTが設定されるが、4段ATと、スポーツモード(シーケンシャル)5段ATがメインとなる。駆動方式は、セレクターレバーで切り替える4WD。「スーパーセレクト4WD II」と呼ばれ、フルタイム4WD/直結ハイレンジ4WD/直結ローレンジ4WD/後輪2WDの4つの走行モードを選択できる。
(グレード概要)
パジェロ ロングのグレードは、下から「ZR」「エクシード」「エクシードI」「エクシードII」「スーパーエクシード」の5種類。下位2グレードは、3リッターV6を搭載。他はすべて、3.5リッターV6、またはディーゼルを搭載する。トランスミッションは、ZRにのみ5段MTと4段ATが設定され、エクシード&Iが4AT、上位2機種は5段ATのみ。装備の差別化は快適装備にあり、オーディオのグレードなどが異なる。
エクシードIIは、パジェロ ロングの上級グレードだけに、装備は充実。7インチ液晶パネルとTVチューナーや、CDプレーヤー+6スピーカー、フルオートエアコンなど、快適装備で不足するものはない。車両安定性を高める「ATCS」(アクティブ・スタビリティ&トラクション・コントロール)が装備されるのは、エクシードIIとスーパーエクシードのみ(エクシードIにオプション)。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
SUVなのにSUV色をひた隠しにするモデルが多いなか、このパジェロのインテリアには“らしい”部分が残されている。たとえば、幅広いセンタートンネルには4WDの切り替えレバーが堂々と生え、また、メーターパネルには速度計と回転計の間に水温計、燃料計、4WDのインジケーター、ドア閉め忘れ警告灯がブロック状に並び、ワイルドなイメージを与える。エアバッグのカバーはディンプル加工が施され、こちらも機能的な印象。ただ、横に並ぶウッド調パネルは、ややミスマッチな感じがする。
(前席)……★★★★
比較的高いフロアに据え付けられた運転席は、サイドサポートの張り出しが大きいスポーティなデザイン。しかし、見た目とは裏腹に、シートクッションやシートバックはソフトで、包み込むように乗員を支えてくれる。オフロード走行時の、大きな揺れに備えているのか。
アイポイントが高く、ボンネットの見切りもよいことから、大きなボディのわりに取りまわしはラク。運転席のまわりには収納スペースが充実しており、しかも、容量が大きいのでなにかと便利だ。
(2列目シート)……★★★
前席同様、ソフトな座り心地の2列目シート。前後スライドはないが、前席の下に余裕があるため、爪先も膝まわりもゆったりしている。おまけにリクライニングも可能だ。走行中はリアタイヤが路面の凹凸を伝えるが、さほど気になるレベルではなく、十分快適な部類だ。一方、フロアが高いので、子供や高齢者には乗り降りが面倒かもしれない。
(3列目シート)……★★
パジェロのロングタイプは床下収納や取り外しができるサードシートを標準装着し、乗車定員は7名。ただ、サイズもスペースも、大人が長時間乗るには不十分だ。膝の前にはこぶし1個分のスペースがあるが、フロアから座面までの高さが足りないために、乗員は膝を抱える格好を強いられる。シートバックも短く、あくまで緊急用と考えた方がいい。
(荷室)……★★★
サードシートを収納した状態で、幅110〜135cm、奥行き80cmのスペースが確保される。大人4人が旅行に出かけるには十分な大きさだ。セカンドシートは6:4の分割可倒式で、シートを前に跳ね上げれば奥行きは145cmにまで拡大できる。しかも、跳ね上げたセカンドシートが乗員と荷物を仕切る役割を持つので、荷室に重量物を積んでいても安心感は高い。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
搭載されるエンジンは、ガソリン直噴エンジン「GDI」タイプの3.5リッターV6。3750rpmで最大トルクの35.5kgmを発生するが、排気量が大きいだけに2000rpm以下でも十分力強い。低回転を多用する街なかでも、ちょっとアクセルを踏み込んでやると必要な加速が得られるから、大きなボディのわりには軽快に運転できる。高速でもトルクに余裕があるが、キックダウンして加速する場合などは、エンジンからのノイズが多少気になるかもしれない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
SUV用のオールシーズンタイヤを履くことから、オンロードでは接地感がやや稀薄で頼りなく、ロードノイズも目立つ。路面の荒れたところでは、細かいショックを遮断しきれない場合もある。しかし、おおむね乗り心地は良好で、しかも、高速道路では意外にフラット。ワインディングロードでも、ロールはやや大きめながら、コーナーの入り口で倒れ込むようにロールすることはないから、運転していてさほど不安を感じずにすむ。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:生方聡
テスト日:2004年2月2日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年9月登録
テスト車の走行距離:9665km
タイヤ:(前)265/70R16 102S(後)同じ(いずれもヨコハマ GEOLANDER G039)
オプション装備:寒冷地仕様(2万6250円)/チャイルドシート固定専用バー(8400万円)/マルチディスプレイステーション&7インチワイドセンターディスプレイ+ダイバシティガラスアンテナ+TVチューナー&TVアンテナ+リヤビューカメラ+ナビ取付用ハーネス+後席7インチワイド液晶ディスプレイ(15万7500円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(4):山岳路(3)
テスト距離:256.0km
使用燃料:52.4リッター
参考燃費:4.8km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱、「パジェロ」を一部改良 2016.10.27 自動車ニュース 三菱自動車は2016年10月27日、「パジェロ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回の改良は、内外装とナビゲーションシステムの変更が中心となる。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • 三菱パジェロショート VR-I(4WD/4AT)【試乗記】 2007.6.6 試乗記 三菱パジェロショート VR-I(4WD/4AT)
    ……278万2710円

    本格オフローダー路線を突き進む「三菱パジェロ」。ダートコースで、その実力を探った。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る