「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

2004.04.20 自動車ニュース
 

「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

ベントレーモーターズジャパンは、高級サルーン「アルナージ」の2005年モデルを、2004年4月16日、東京は青山の「ベントレー青山ショールーム」で披露した。


ベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレイ代表
 

1999年に30台だった販売台数を、5年間で倍増させたベントレーモーターズジャパン。昨年12月にオープンした、正規ディーラーのコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの「ベントレー青山ショールーム」で、2005年型の「アルナージ」を披露した。

今年3月のジュネーブショーに登場した“ゼロファイブ・モデル”では、主に内外装をリファイン。丸型の4灯ヘッドランプ、ボンネット、バンパー、グリルなど“顔”をお化粧直しした。また車内においては、各種スイッチをウッドパネルの裏に隠すことですっきりしたつくりとした。


熟練皮革職人の匠の技が披露された。
 

さらに、40種類の標準色とコンビネーションスタイル、27種類のインテリア皮革とカラーリングのバラエティを増やし、アルナージの魅力のひとつとされる「パーソナライゼーション」にも対応した。

全長5.4〜5.6mの巨体に、6.8リッターV8ユニットを搭載。乗り心地や静けさを求める方向けの「R」と、よりスポーティな「T」を用意する。

予約の受け付けは始まっており、7月からのデリバリーを予定。正規ディーラーのコーンズによると、2005年モデルだけで今年33台を販売する予定という。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルナージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る