「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

2004.04.20 自動車ニュース
 

「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

ベントレーモーターズジャパンは、高級サルーン「アルナージ」の2005年モデルを、2004年4月16日、東京は青山の「ベントレー青山ショールーム」で披露した。


ベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレイ代表
 

1999年に30台だった販売台数を、5年間で倍増させたベントレーモーターズジャパン。昨年12月にオープンした、正規ディーラーのコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの「ベントレー青山ショールーム」で、2005年型の「アルナージ」を披露した。

今年3月のジュネーブショーに登場した“ゼロファイブ・モデル”では、主に内外装をリファイン。丸型の4灯ヘッドランプ、ボンネット、バンパー、グリルなど“顔”をお化粧直しした。また車内においては、各種スイッチをウッドパネルの裏に隠すことですっきりしたつくりとした。


熟練皮革職人の匠の技が披露された。
 

さらに、40種類の標準色とコンビネーションスタイル、27種類のインテリア皮革とカラーリングのバラエティを増やし、アルナージの魅力のひとつとされる「パーソナライゼーション」にも対応した。

全長5.4〜5.6mの巨体に、6.8リッターV8ユニットを搭載。乗り心地や静けさを求める方向けの「R」と、よりスポーティな「T」を用意する。

予約の受け付けは始まっており、7月からのデリバリーを予定。正規ディーラーのコーンズによると、2005年モデルだけで今年33台を販売する予定という。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
アルナージベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 【フランクフルトショー2017】ベントレーが新型「コンチネンタルGT」を発表 2017.8.30 自動車ニュース 通算で3代目となる新型「ベントレー・コンチネンタルGT」が、ラグジュアリーさと美しさを追求された新たな内外装と、先進装備を携えて登場した。デザイン、開発、そして手作業による製造にいたるまで、すべてイギリス国内で行われる。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
ホームへ戻る