「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

2004.04.20 自動車ニュース
 

「ベントレー・アルナージ」2005年モデル発表

ベントレーモーターズジャパンは、高級サルーン「アルナージ」の2005年モデルを、2004年4月16日、東京は青山の「ベントレー青山ショールーム」で披露した。


ベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレイ代表
 

1999年に30台だった販売台数を、5年間で倍増させたベントレーモーターズジャパン。昨年12月にオープンした、正規ディーラーのコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドの「ベントレー青山ショールーム」で、2005年型の「アルナージ」を披露した。

今年3月のジュネーブショーに登場した“ゼロファイブ・モデル”では、主に内外装をリファイン。丸型の4灯ヘッドランプ、ボンネット、バンパー、グリルなど“顔”をお化粧直しした。また車内においては、各種スイッチをウッドパネルの裏に隠すことですっきりしたつくりとした。


熟練皮革職人の匠の技が披露された。
 

さらに、40種類の標準色とコンビネーションスタイル、27種類のインテリア皮革とカラーリングのバラエティを増やし、アルナージの魅力のひとつとされる「パーソナライゼーション」にも対応した。

全長5.4〜5.6mの巨体に、6.8リッターV8ユニットを搭載。乗り心地や静けさを求める方向けの「R」と、よりスポーティな「T」を用意する。

予約の受け付けは始まっており、7月からのデリバリーを予定。正規ディーラーのコーンズによると、2005年モデルだけで今年33台を販売する予定という。

(webCG 有吉)

関連キーワード:
アルナージベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 「レンジローバー」の2018年モデル受注開始 2018.4.27 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月27日、ラグジュアリーSUV「ランドローバー・レンジローバー」の2018年モデルについて概要を発表し、同日、受注を開始した。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.3.23 試乗記 ベントレーのSUV「ベンテイガ」に、ガソリンのV8ターボエンジンを搭載する新型が加わった。W12モデルより軽快でスポーティーさが際立つV8は、同時にラインナップの主力になっていく気配に満ちた、高い完成度を誇っていた。
ホームへ戻る