WRCニュージーランド、ソルベルグ/スバルが優勝【WRC 04】

2004.04.19 自動車ニュース

【WRC 04】WRCニュージーランド、ソルベルグ/スバルが優勝

世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・ニュージーランドが、2004年4月16日から18日にかけて、ニュージーランドのオークランドを中心に行われた。前戦メキシコでデビューした2004年型「スバル・インプレッサWRC」を駆って、ディフェンディングチャンピオンのペター・ソルベルグが今シーズン初優勝、通算6勝目をあげた。

2位はプジョーのマーカス・グロンホルム、3位はフォードのマルコ・マルティンだった。

■チャンピオンの底力

第1、2レグとトップを守り続けたソルベルグ。最後の第3レグ、残り4ステージとなったSS20で思わぬハプニングに見舞われた。インプレッサが岩にヒットし、パワーステアリングにダメージがおよんだのだ。これで首位は「プジョー307WRC」をドライブするグロンホルムの手に渡ったのだが、SS21で3位、22で1位、最後の23で2位とチャンピオンは猛チャージをかけ、最終的にはグロンホルムに5.9秒差をつけ、今シーズン初、そしてスバルとして記念すべき通算40回目の勝利を飾った。

「もう信じられないぐらいすごいラリーだったね」というのはソルベルグ。「今週は驚きの連続だったよ。昨日は後ろにいて欲しくないドライバーがそこにいたんだ。それがマーカス・グロンホルムなんだよ。僕たち2人は、本当に狂ったようにプッシュしたんだ。そして彼がトラぶったら、次は僕の番だ。今回は本当に疲れ果てたよ。でも、本当に楽しいラリーだった」

ドライバーズポイント10点を加算したソルベルグは、ランキングリーダーのマルティンの3点後ろで4位。首位マルティンは26点、2位は今回4位でフィニッシュしたシトロエンのセバスチャン・ロウブで25点、そしてグロンホルムが24点で続くという、タイトな戦いが繰り広げられている。

次戦はターマックラリーのキプロス。5月14日から16日に開催される。

■PCWRC、新井は5位

併催されたプロダクションカー世界ラリー選手権(PCWRC)第3戦でも、やはりラリー終盤に波乱が起きた。トップを走っていた三菱のダニエル・ソラがSS20でコースアウト。その後ろにいたナイオール・マクシェアも同じようにコースから外れ、ソラのマシンにランディングしてしまいリタイアした。結局三菱のマンフレッド・ストールが優勝した。

スバルの新井敏弘は、SS18、20とステージを制し2位に浮上したものの、最後になってトランスミッションにトラブルに足を引っ張られ、惜しくも5位フィニッシュとなった。

(文=webCG 有吉/写真=スバルテクニカインターナショナル)

WRCニュージーランド、ソルベルグ/スバルが優勝【WRC 04】の画像

カーナンバー1の2004年型「スバル・インプレッサWRC」が、デビュー2戦目で早くも優勝を飾った。ペター・ソルベルグにとっては6度目のWRCウィン。

カーナンバー1の2004年型「スバル・インプレッサWRC」が、デビュー2戦目で早くも優勝を飾った。ペター・ソルベルグにとっては6度目のWRCウィン。

スバルの新井敏弘はPCWRCで5位フィニッシュ。ラリー後、ソルベルグ(右)と語り合う新井(左)は、「午前中センターデフを硬くした結果、ステージウィンとなるタイムを出せた。全体的に午前中は非常に良かったんだけど、最終ステージでトランスミッショントラブルを抱えてしまったのは残念だったよ。トラクションが多くいるクィックなコーナーで急にミッションの調子が悪くなってしまったんだ」とコメントを残した。

スバルの新井敏弘はPCWRCで5位フィニッシュ。ラリー後、ソルベルグ(右)と語り合う新井(左)は、「午前中センターデフを硬くした結果、ステージウィンとなるタイムを出せた。全体的に午前中は非常に良かったんだけど、最終ステージでトランスミッショントラブルを抱えてしまったのは残念だったよ。トラクションが多くいるクィックなコーナーで急にミッションの調子が悪くなってしまったんだ」とコメントを残した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。