「ランドローバー・ディスカバリー」に2車種の特別仕様車

2004.04.19 自動車ニュース

「ランドローバー・ディスカバリー」に2車種の特別仕様車

ランドローバージャパンは、クロスカントリー4WD「ディスカバリー」に、2車種の特別仕様車を設定、2004年4月16日に発表した。

スポーティを標榜するのが、「ディスカバリー・スポーツエディション」。エントリーグレード「SE」(470万4000円)に、18インチアロイホイール、ポリッシュスペアホイールカバー、キセノンヘッドランプ、シルバーフィニッシャーなどを与えお化粧した内容だ。
約35万円分の装備を盛り込みながら、価格は20万円弱アップの490.0万円に抑え、お買い得感を出したという。販売台数は200台限定だ。

一方、より高級に振ったのが「ディスカバリー・ロイヤルエディション」。上級「HSE」(517万6500円)をベースに、HDDカーナビゲーションシステム、ウッドパネルを配したセンターコンソールとフロントフェイシア、これまたウッドのブレーキグリップなどを採用した。
約45万円のプラス分を30万程度に抑え、550万円のプライスタグを付け、50台限定でリリースされる。

(webCG 有吉)

ランドローバージャパン:
http://www.landrover.co.jp/

 
「ランドローバー・ディスカバリー」に2車種の特別仕様車の画像

「ディスカバリー・ロイヤルエディション」のインテリア。
 

	「ディスカバリー・ロイヤルエディション」のインテリア。
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】NEW 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
ホームへ戻る