【スペック】全長×全幅×全高=4800×1900×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2130kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(272ps/5200rpmと38.7kgm/1800〜5000rpm)/車両本体価格=729万7500円(テスト車=759万5700円)

ボルボ XC90 T-6【ブリーフテスト】

ボルボ XC90 T-6 2004.04.18 試乗記 ……759万5700円総合評価……★★★ツインターボを積むボルボのSUV! どんなヒトに向いているのか? 『CAR GRAPHIC』編集局長の阪和明が乗った。
『Car Graphic』阪和明編集局長

都会で暮らしたい人向き

ボルボの作ったSUVがこのクルマ。本格的な“泥んこ遊び”にはそれほど興味なく、どちらかといえば都会で暮らしたい人向きだろうか。いうなればボルボのステーションワゴンAWDの車高を上げたクルマであり、XC90ならではの個性には乏しい。しかし、そのことこそがXC90の売りかもしれない。アグレッシブな性格ではないので、構えずに乗れる上品なSUVといえないこともないからだ。
テスト車はパワフルな6気筒ツインターボを積んだモデルだが、どちらかといえば、高速道路を移動する機会の多い人にふさわしい。フットワークのよさや軽快感を求めるなら、動力性能にも不満のない低圧ターボの2.5リッター5気筒モデルを選んだほうが賢い。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ボルボのフラッグシップ「S80」をベースにつくられたXC90は、世界最大の自動車マーケットたるアメリカのSUV人気をうけて開発された、同社初の本格SUV。2002年のデトロイトショーでデビュー、翌年の5月から日本に導入された。欧州メーカーでは「BMW X5」「フォルクスワーゲン・トゥアレグ」「ポルシェ・カイエン」らをライバルとする。全長4800mmのボディに、3列シート7人乗り(本国には2列5人乗りもあり)のシートレイアウト。ボルボらしく、環境と安全にこだわりあり。強化ピラーでキャビンをカゴのように囲う「セーフティゲージ」で乗員を保護、7席分の3点式シートベルトや前席&サイド&カーテンエアバッグを装備する。挙動が乱れるのを防ぐ「DSTC」に加え、背の高いSUVの転倒を防止する「RSC」(ロールスタビリティコントロール)といった、アクティブセーフティデバイスも充実。車高の低い車両と衝突した際や、対歩行者へのダメージ軽減策など、コンパティビリティも考慮した。
(グレード概要)
日本でのラインナップは、2.5リッター直5ターボ(209ps)+5ATを積む、エントリーグレード「XC90」とレザー内装の「XC90 2.5T」、S80譲りの2.9リッター直6ツインターボ(272ps)+4ATを搭載する「X90 T-6」の3種類。駆動方式は、いずれも電子制御ハルデックスクラッチを使うオンデマンドAWD(4WD)である。全グレードにわたって装備は充実する。2.5Tの、ベーシックモデルに対するアドバンスは、レザーシートに加え、前席パワーシート、クルーズコントロール、ウッドステアリング、ハイパフォーマンスオーディオ(160W、8スピーカー)など。トップグレードのT-6は、プレミアムサウンドオーディオ(305W、11スピーカー)や、電動ガラスサンルーフを標準装備。タイヤは、225/70R16インチよりひとまわり大きい235/65R17インチを履く。



ボルボ XC90 T-6【ブリーフテスト】の画像


ボルボ XC90 T-6【ブリーフテスト】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
シートに座れば、いや、ドアを開けて室内を覗いた瞬間、まぎれもないボルボだとわかる。シンプルな意匠のインストルメントパネルは乗用車然としていて、SUVとかクロカン的な野性味とは無縁の世界。清廉はイメージはボルボ・ファンにはたまらないだろう。
XC90は言うまでもなく4WD(メーカー自身はAWDと呼ぶ)で、それがこのクルマのキャラクターを決定づけている。もっとも、オフローダーの性格は強くなくて、通常は前輪駆動、滑りやすい路面状況で4WDに切り替わるシステムを搭載している。安全に関する装備はたいへん充実しており、同様に快適空間を約束してくれる装備、アクセサリーも「なんでもあり」といった具合だ。
 (前席)……★★★
いくらS60と同様のサルーン的なデザインのインパネまわりになっているとはいえ、着座位置はSUVらしく高い。だから眺めはとてもいい。本革シートの出来もよく、しっとりとした座り心地である。しかし滑りやすいのは玉に瑕、積極的に飛ばしたいときにはちょっと困る。シートの調整はすべて電動、ステアリングホイールも上下前後に微調整が効くので、どんな体型のドライバーでも満足のいくポジションが得られるはずだ。
(2列目シート)……★★★
天井と頭との空間は充分に確保されている。膝周辺に余裕があり、加えてつま先をフロントシートの下に滑り込ませられるので、ゆったりとした気分に浸れるのがいい。クッションもたっぷりしているから居心地に不満はない。リアシートの中央部分にチャイルドシートがビルトインされているのもボルボらしい装備といえるだろう。
(3列目シート)……★★
窮屈である。オケージョナリーシートの域を出ない。シートのクッションも薄めで、シートバックも貧弱。ヘッドルームはぎりぎりで、髪の毛が天井に触れてしまう。とりあえず大人2人は座れるものの、どうみても快適とはいえない。あくまで、体の小さな子供用か、いざというときのための居場所と考えていたほうがいい。それなら腹が立たないし、そう割り切れば便利な装備になる。
(荷室)……★★
ボディサイズから想像するほどトランク容量はたいしたことない。普段使うぶんには問題ではないだろうが、3列目のシートを使用した状態でのトランクは、けっして大きくはない。もちろん、3列目シートを使用しないか、片側だけ畳んでおけば、アウトドアライフ用品を積み込む際にも、まったく不自由することはないだろう。トランク内に張り出しはなく、使い勝手は悪くないとはいえ、シートを収める関係で床は高い。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
横置きされる直列6気筒ツインカムターボは、とても滑らかに吹けあがり、パワーもある。ハイプレッシャー仕様ゆえにトルクがもりもり沸き上がってくる。とても2トンを超えるクルマとは信じられないほど、クルマの動きには活気がある。
トランスミッションは5気筒モデルとは異なり4段ATなるが、エンジンのトルクが太いことで5段ではなくてもドライバビリティには優れている。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
サスペンションはかなり柔らかい設定で、だから、乗り心地もソフトである。いささか柔らかすぎるほどで、街なかではいいにしても、山道を走るようなステージでは少々心もとない。ロールスピードも速いし、鼻先の重さも感じるから、いうまでもなく峠道で楽しむクルマではない。コーナリング中のダイアゴナルな揺れも気になった。またオプションで装着されていた18インチのホイール/タイヤは、荒れた路面でバタバタして芳しくなかった。見た目を優先したい気持ちもわからないではないけれど、標準設定の17インチのほうがよさそうだ。

(写真=峰昌宏/2004年4月)



【テストデータ】

報告者:『Car Graphic』阪和明編集局長
テスト日: 2004年2月4日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)235/70R16(後)同じ
オプション装備:スノーブレード(1万5750円)/カーナビゲーションシステムHDX300(21万6300円)/アルミホイール“Aquarius”(6万6150円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる 2015.7.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。
  • ボルボXC60 D4 SE(FF/8AT)/V40 D4 SE(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.23 試乗記 主要5モデルにディーゼルエンジン車を一気に設定し、日本市場に攻勢をかけるボルボ。国内販売の5割以上をディーゼルが占めることになると同社は言うが……。「XC60」と「V40」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る