「カブリオレ&クーペ・サロン」、パリで開かれる(その3)

2004.04.16 自動車ニュース

「カブリオレ&クーペ・サロン」、パリで開かれる(その3)

2004年4月2日から4日にかけて、フランスはパリのポルト・ド・ヴェルサイユにて、第15回「カブリオレ&クーペ・サロン(Salon du Cabiolet & du Coupe)」が開催された。パリ在住の野口友莉がリポートする。

■フランスの新メーカー「PGO」

今回の「カブリオレ&クーペ・サロン」で特に新鮮な空気を放っていたのが、「PGO Automobile」のブース。日本ではほとんど知られていないが、南仏ガール県に拠点を置く新しいメーカーである。

2人の兄弟のイニシャルに因んだPGO(PIERRE GERARD OGANISATION)は、1960年代のレプリカ車を製造・販売するため、1980年に設立。新しいオーナーを迎え入れた1998年に、ようやく半量産化へ動き出し、その後、同じく60年代のカブリオ・レプリカを手掛けていたベルギーの企業「APAL」と組みながら、徐々に軌道に乗せてきた。

初代となる「PGOクラシック」は年間50台を製造。新しいモデル「スピードスターII」はヨーロッパで公認を取得。現在は国内で15ヶ所、スペインやイタリア、ベルギーなどでも取扱店があるなど、いまやフランスのコンストラクターとして4番目の位置までついている。

“アンチ・ネオ”というコンセプトのもとつくられた、2シーターのカブリオレ「スピードスターII」は注目の1台だ。エンジンは「プジョー106 S16」の138ps直4 16バルブを搭載。トランスミッションはマニュアル5段、全長×全幅×全高=3846×1675×1200mm、ホイールベース=1200mm、車重=930kg、ホイール=16インチ205/45(オプションで17インチ205/40も可)というスペック。パフォーマンスは、最高時速=215?/h、7秒以下で100?/hに達するという。

価格は2万9800ユーロ(約390万円)から。オプションも豊富だ。緩やかな曲線ラインで包まれたボディは懐かしさのなかに新しさを感じさせる、洗練された印象を受ける。また、同モデルをパワーアップさせた177ps「セヴァンヌ180」が初登場。フランスでは年内発売予定だ。

従業員は、現在の93名から2005年までに倍の200名まで増える見込みという、今後の動向が注目されるメーカーだ。

(文と写真=野口友莉)

 
「カブリオレ&クーペ・サロン」、パリで開かれる(その3)の画像

「PGOスピードスターII」
 

	「PGOスピードスターII」
	 

「PGOセヴァンヌ180」
 

	「PGOセヴァンヌ180」
	 

ジュネーブでデビューを飾った「MG Xパワー SV」のバージョンアップ版「XパワーSV-R」。その隣には、33台のみ製造された1934年の「K3」が。
 

	ジュネーブでデビューを飾った「MG Xパワー SV」のバージョンアップ版「XパワーSV-R」。その隣には、33台のみ製造された1934年の「K3」が。
	 

フランスのシャトネ社は免許不要ながら公道走行OKの小型車を製造販売。ロードスターの「スピーディノ」を展示。
 

	フランスのシャトネ社は免許不要ながら公道走行OKの小型車を製造販売。ロードスターの「スピーディノ」を展示。
	 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
ホームへ戻る