新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開【ニューヨークショー04】

2004.04.09 自動車ニュース
 
【ニューヨークショー2004】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

【ニューヨークショー04】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

2004年4月9日から18日まで開催される「ニューヨーク国際自動車ショー」。ランドローバーは、3代目となる「ディスカバリー3」をお披露目した。早い地域では、同年末のリリースが予定される。


「レンジローバー」とのつながりを感じさせる、「ディスカバリー3」のデザイン。
 
【ニューヨークショー2004】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

■モノコック+独立サス

ひと目で「ランドローバーのクルマ」とわかるようになった「ディスカバリー3」。見た目のみならず、ボディ構造やパワートレイン、電子制御で最大限のトラクションを確保する「テレインレスポンスシステム」の採用など、中身もまったく新しいクルマに生まれ変わった。


高い視点のコックピット「コマンドポジション」は、ランドローバー社の伝統。2、3列目は前席よりさらに高く、見晴らしのいい「スタジアムシート」だ。
 
【ニューヨークショー2004】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

なかでも、ボディ構造の変更は大きい。1989年にデビューしたディスカバリーは、初代「レンジローバー」のコンポーネントを流用してつくられたため、ラダーフレームやリジッドサスペンションなど、4×4の古典的なつくりを踏襲してきた。
ディスカバリー3は、「インテグレーテッドボディフレーム」と呼ばれるモノコックボディを採用。4輪独立式サスペンションも手伝って、クラストップのオフロード性能と、オンロードパフォーマンスの両立を謳う。スペース効率も高まり、サードシート装着車(オプション)でも、大人7人が快適に過ごせるという。


オプションのサードシートを装着すれば、「2+3+2」の7人乗りになる。
 
【ニューヨークショー2004】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

■どんな状況下でも

もうひとつの大きな特徴が「テレインレスポンスシステム」。ランドローバー社が特許をもつ、シャシーやトラクションコントロールなどの統合制御システムで、2004年のデトロイトショーに出展したコンセプトモデル「レンジストーマー」にも採用された。
ドライバーは、センターコンソール上のロータリースイッチで、“ノーマル”“滑りやすい路面”(草、砂利、雪など)“泥&わだち”“砂”“岩”、5つの路面状況を選択。それにあわせて、車高調節機能やトラクションコントロール、スロットルを最適に制御する。「どんな状況下でも、最高の車両性能を引き出す手助けをしてくれる」と、ランドローバーは胸を張る。


デザインディレクターのジェフ・ユーペックスは、「乗員とドライバーに最高の室内環境を提供する」ことを主眼においたと語る。左右非対称のテールゲート、広いグラスエリアが特徴的。
 
【ニューヨークショー2004】新しい「ランドローバー・ディスカバリー」世界初公開

エンジンラインナップは、2.7リッターV6ディーゼルターボ、「フォード・エクスプローラー」譲りの4リッターV6、4.4リッターV8の3種類。4.4リッターV8は、ジャガーの4.2リッターV8をベースにつくられ、低回転域のトルク増強や耐久性アップなど、ランドローバー向けに改良が施されたものだ。トランスミッションは、ガソリンエンジンには6段AT(ディーゼルにはオプション)、ディーゼルは6段MTが標準で組み合わされる。

(webCGオオサワ)

ランドローバー:
http://www.landrover.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る