第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則

2004.04.09 エッセイ

第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則

新しいホンダ・フォルツァは、トランスミッションに無段変速機「Vマチック」を採用。「X」グレードに加え、電子式マニュアルモード「Sマチック」が付いた「Z」も用意される。価格は、Xが59万7450円、Zは62万8950円。
第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則
「Sマチック」のシフトスイッチ。オートマチックモードとマニュアルモードの切り替えは、ハンドル右のスイッチで行う。
第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則

第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則

■コイツはまいった!

昔からね、「2輪界になると、ホンダはトヨタみたいになる」ってよく言われるんだけど、今回もそれを実感いたしました。新型「ホンダ・フォルツァ」を見てのお話。

この250ccスクーターの世界は、今のところ「ヤマハ・マジェスティ」のひとり勝ちなのよ。なんせ年間2万台ペース。これは一時のバイクブームやレーサーレプリカブームに匹敵する数値だという。
それに対抗して、新型フォルツァが今回のモーターサイクルショーに登場したんだけどさ。ハッキリ言っちゃうとね。「マジェスティそっくり」でした。
スタイルだけならまだいい(そんなことないけど……)。中身がね。「こりゃ便利」「コイツはまいった!」って感じに、マジェスティ以上の進化を遂げてるのだ。

たとえば物入れ。インパネ(っていうのかなぁ?)の真下にはふた付きの物入れではなく、完全に引き出し式の物入れがあり、容量5リッターと実にデカい。その隣のふた付きのスペースには500ccのペットボトルが入りました。さらに、シートを上げた時の荷物スペースが大きく、ゴルフクラブ(45インチ)が14 本入れられるとか、リアシートの座りやすさに気を使ったとか、もう至れり尽くせり。
インパネ自体も乗用車っぽく魅力的。聞けば「新型オデッセイとまったく同じ」というシボ付きの黒い樹脂が貼り付けてあり、質感が非常に高い。

スピーカーは車速感応式(オプション)。
第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則
スマートカードキー。キーと車両のIDが一致しないと使えず、盗難防止にも効果的だという。
第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則
こちらはスズキのスクーター「スカイウェブ250タイプS」(59万7450円)
第115回:モーターサイクルショー報告(その2)「2輪になるとホンダはトヨタになる!?」の法則

■2輪初のスマートキー

それから感動したのが、4輪譲りのスクーター初の「スマートキー」ね。
実はコイツ「バイクにこそ便利」って話があって、なぜなら「手袋して」ようが「荷物を背中にしょって」いようが、キーを持って近くに行けば、それをキーホールに突っ込まずエンジン始動ができるシステムなのだ。こりゃ使える! ってマジ思っちゃいました。オマケに値段も59万7450円からと、マジェスティの 58万6950円に匹敵!

ってな具合で乗ってないから「走り」はわかんないんだけど、「なんとなくマジェスティみたいのが欲しくて、ラクなのに弱くて、同じようなもんなら便利な方がいい!」って考える人なら、おそらくコレ買っちゃうかも? って思わされました。
やり方がちょっとトヨタっぽいでしょ? 深層心理をわかってるというか、人の心をくすぐるのがうまいというか、エゲツないというか……。
ま、物づくりというのは、実に厳しい競争社会でありますな。マジメな話。

(文と写真=小沢コージ/2004年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』