日産、9車種の特別仕様車をリリース

2004.04.08 自動車ニュース
 

日産、9車種の特別仕様車をリリース

日産自動車は、ナビゲーションシステムなどを付与した特別仕様車を、「エルグランド」や「セドリック」「スカイライン」シリーズ、「サニー」など、9車種に設定。セドリックとグロリア、サニーはグレード体系を見直し、2004年4月7日から販売を開始した。
同時に、「ブルーバードシルフィ」「セレナ」「モコ」の一部グレードが、平成17年排ガス規制「U-LEV」と「SU-LEV」に適合した。


【写真上】「エルグランド」の特別仕様車「V NAVIエディション」(2WD)
【写真下】SU-LEVをパスした「ブルーバードシルフィ 18Vi-G」
 

特別仕様車が設定されたのは、大型ミニバン「エルグランド」をはじめ、「セドリック/グロリア」「スカイライン」シリーズ、「ステージア」「サニー」「ウイングロード」「セレナ」の9車種だ。スカイラインシリーズとサニーは、レザー内装などで質感を向上。他の車種は、ナビゲーションシステムが付与された。

平成17年度排出ガス規制については、「ブルーバードシルフィ」の1.8リッター(FF)が、75%低減レベルのSU-LEVをクリア。1.5リッターと「セレナ」の全車種、「モコ」の一部グレードは、50%低減レベルのU-LEVに適合した。
なお、ブルーバードシルフィとウイングロードは、装備の充実化やグレード見直しなど、一部改良も施されている。

詳細は、日産自動車ホームページ(http://www.nissan.co.jp/)を参照されたし。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
エルグランドセドリックスカイラインサニーグロリアブルーバードシルフィセレナモコ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.10.21 試乗記 ……414万7500円
    総合評価……★★★★

    新たな3代目に「キング・オブ・ミニバン」復権をかける、「日産エルグランド」。その実力を、売れ筋の2.5リッターモデルで試した。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る