自動車を守る警報器、オムロンから発売

2004.04.07 自動車ニュース

自動車を守る警報器、オムロンから発売

電子機器などを手がけるオムロンは、盗難など愛車に迫る異常を知らせ威嚇する車両異常監視警報器「カーモニシリーズ」の最上位機種「カーモニ500」を、2004年4月8日に発売した。オープン価格。

「カーモニシリーズ」は、「配線工事なしの簡易装着」「誤作動がすくない高感度センサー採用」「リモコンへの異常通報」をセリングポイントとする“愛車の見張り番”。今回リリースされた「カーモニ500」は、従来からの異常状態「ドア開」「窓割れ」「車両への強い衝撃」に加え、不審者の「接近」「うろつき」「居座り」そして「レッカー盗難」にも対応した。

全長104mmの本体とリモコンの1セットで、リモコンは4台まで追加可能。リモコンは、音とバイブレーションで異常を知らせ、また車両から離れていても車内の物音を聞くことができるという。
オプションとして大音量で警報音を出す、配線いらずのワイヤレスサイレンも用意される。

(webCG 有吉)

オムロン「カーモニシリーズ」:
http://www.carmoni.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。