第113回:業界ウワサ話……マユツバだけど「クリス・バングル遂に失脚か!?」でちょっと安心する俺

2004.04.07 小沢コージの勢いまかせ!

第113回:業界ウワサ話……マユツバだけど「クリス・バングル遂に失脚か!?」でちょっと安心する俺

「彫刻的な躍動感を意識」したという、バングル・デザインの現行7シリーズ
「彫刻的な躍動感を意識」したという、バングル・デザインの現行7シリーズ
トランクリッドを持ち上げて強調するデザインは、他社のクルマにも見られるようになった。
トランクリッドを持ち上げて強調するデザインは、他社のクルマにも見られるようになった。
ロングノーズのロードスター「Z4」は、“おサカナ顔路線”の典型?
ロングノーズのロードスター「Z4」は、“おサカナ顔路線”の典型?

■出世? それとも……。

コミミに挟んだんですけど、「BMWのクリス・バングル遂に失脚か!?」のウワサがあるらしい。7シリーズから始まって、Z4、5、6シリーズへと続く、れいの“おサカナ顔路線”を描いたデザイナーのトップね。
正確に言うとBMWを出たわけじゃなく、ロールスロイスやMINIを含むBMWグループ全体のデザインを統括する「Brand specific designstudios」への異動。普通に考えれば出世街道だ。

ただね。今後、自らの手で製品の線を引く事はないらしく、うがって見れば、体のいい閑職への追いやりか? なーんちゃって。

というのも、今の路線のデザインになってからのBMWが賛否両論なのだ。
BMW グループ全体をみると、2003年の決算報告は結構いい調子で、台数は微増で利益は微減。簡単に分析すると、中国を代表とするアジアやアメリカでは台数が伸びていて、唯一伸びてないのが本拠地ドイツ。台数が増えているのに利益が落ちているのは、単純にユーロ高という具合だ。

7シリーズのデザイン路線を踏襲する新5シリーズ。
7シリーズのデザイン路線を踏襲する新5シリーズ。
クリス・バングルいわく「もっとも自分らしい」6シリーズ。写真はクーペに続き登場したコンバーチブル。
クリス・バングルいわく「もっとも自分らしい」6シリーズ。写真はクーペに続き登場したコンバーチブル。
こちらは6シリーズクーペ。トランクリッドの形状など、7シリーズ以降のデザイン路線が反映されている。
こちらは6シリーズクーペ。トランクリッドの形状など、7シリーズ以降のデザイン路線が反映されている。

■“変わればOK”じゃない

とはいえあの新デザイン「どーなんだろ?」感がどうにもぬぐいきれない。実際、ドイツでは7シリーズが売れないとか、かなりの人がアウディに買い換えたとか……。

だれでもわかるよね。あのデザインのリスキーさ。正直、カッコいいんだかカッコ悪いんだかわかんないもん。心の底からカッコいいと言えるのは、俺の場合、 Z4のみ。後はなんだかな〜。前のBMWのオーソドックス路線に飽きてた部分もあるし、キライじゃないけどね。いいともいえない。
正直、3シリーズもあの路線かなぁ……って心配してたから、失脚? のウワサを聞いて納得&安心したのも事実。「やっぱりそうか」みたいな。

それからね。俺たちみたいな業界関係者はBMWに「革新」、特に「技術革新」のイメージを持ってたけど、一般の人には「定番」だったと思うんだよね。だから今のテイストのデザインになったときの違和感は果てしなく大きかったと思う。シンプルで美しいアウディやもしくはフォルクスワーゲン・フェートン(!?)に移る人がいたのもよくわかる。
もっと言うと、これからアウディがどんどん個性化すると、さらにクセのないVWがウケたりして。変わるばかりが成功とは限らないね。つくづく。

しかし、サッカー代表監督みたいなもんだね、デザイナーも。いつ「ジーコ解任!?」と聞いても納得できる部分あり。俺はジーコファンだが、結果が出ないといくらヒーロー監督、ヒーローデザイナーでもつらい。
本当にフリーは大変だよね、ってデザイナーはフリーじゃないけどさ。成果主義のヨーロッパでは実質フリーみたいなもん。大変ですよ。
俺もそうだけど……。

(文=小沢コージ/2004年4月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!