日産「キューブ」や「エキスパート」の排ガスクリーン化

2004.04.02 自動車ニュース
 

日産「キューブ」や「エキスパート」の排ガスクリーン化

日産自動車は、コンパクトワゴン「キューブ」「キューブキュービック」の一部グレードと、商用バン「エキスパート」を、平成17年基準排出ガス50%低減レベル「U-LEV」認定車とし、さらにキューブのグレードを一部見直し、2004年4月1日に発売した。


【写真上】「キューブSX」(左)と「キューブキュービックSX」
【写真下】「エキスパート」
 

U-LEV認定を受けたのは、エクストロニックCVT-M6を搭載する「キューブ」シリーズ(キューブ「SX 70th-II」を除く)と、「エキスパート」の全モデル。これらは、いずれも平成22年度燃費基準プラス5%もクリアし、グリーン税制の優遇措置が受けられるようになった。同様の改良は、福祉車両「ライフケアビークル」にも適用される。
キューブのグレード体系は、FF、電動4WD仕様のいずれも、従来のベーシックグレード「BX」を廃止。上級「EX」、日産の70周年記念モデル「SX 70th-II」と「SX」の3本立てに変更された。

価格は、キューブが「SX」(FF)の131万400円から「EX」(電動4WD)の170万3100円まで。キューブキュービックが「SX」(4AT)の146万7900円から「EX」(CVT)の172.2万円まで。エキスパートは、「L-G」(FF)の150万1500円から、「VX-G」(4WD)の224万8050円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キューブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る