【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

2004.04.02 自動車ニュース
 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

2004年4月2日に発売されたフォードの新型「フィエスタ」。欧州で生まれ育ったコンパクトカーが掲げるコンセプトは、「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」という。そのココロは……。


フォード・ジャパン・リミテッドの佐藤勝彦社長
 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

■ターゲットは……

「フィエスタ(Fiesta)」とは、スペイン語で「祝祭」を意味する言葉。ブルーオーヴァルのバレンシア工場からラインオフされる小型ハッチには、ラテン流のエモーショナルな“走る悦び”と、欧州フォードの本拠が置かれるドイツの機能性、実用性が共存している、というわけである。

わが国における、メインターゲットに据える顧客層は、ヨーロピアンなライフスタイルを志向し、シンプルかつスタイリッシュに生きる、25歳から34歳の独身女性。イメージカラー「フレアメタリック」と呼ばれる明るいオレンジ色を前面に出し、フェミニンな印象で訴求する。



 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

■1.6リッター+4AT

丸みをおびたシンプルなスタイリングが特徴のフィエスタ。シルバーやブラックなどに、オレンジ、赤、淡いグリーンなど、明るいボディカラーを加えた全8色が揃う。

5ドアボディは、全長×全幅×全高=3915×1685×1445mm、ホイールベース=2485mm。プラットフォームを共有するマツダ「デミオ」(3925×1680×1530mm、2490mm)よりやや背が低い。部位に応じて板厚の異なる鋼板をレーザー溶接してからプレスする「テーラードブランク工法」を用いた、強固さを誇るボディ構造を有する。



 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

パワーユニットのオールアルミ製1.6リッター直4 DOHC16バルブ「デュラテック」は、最高出力100ps/6000rpm、最大トルク14.9kgm/4000rpmというアウトプット。アクセルペダルとエンジンを電気的につなぐ「ドライブ・バイ・ワイヤ」式電子制御スロットルを採用したことで、シャープなレスポンスと優れたドライバビリティが得られたと謳われる。トランスミッションは4段AT「デュラテック・オートマチック」だから、若い女性も安心(?)。



 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

■グレードは2種類

インテリアは、明るい「ミディアムライトストーン」、落ち着いた「ブラック/レッド」「ブラック/シルバー」の3パターン。シンプルなつくりのインストルメントパネル、人間工学に基づいてドライバーの着座位置を高めにし視界、乗降性をよくした「コマンドポスト(見張り台)ポジション」の運転席などが配される。後席は6:4分割可倒式、トランク容量は284リッターという。

安全面では、前面衝突の際に胸部へのダメージを最小限に抑える「衝撃吸収ステアリングコラム」や、最大6個のエアバッグ(前席デュアルステージエアバッグ、同サイドエアバッグ、「GHIA」にのみ標準装備のサイドカーテンエアバッグ)、EBD付き4輪ABSなどを用意する。

グレードはベーシックな「GLX」(177万9750円)と上級「GHIA」(195万8250円)。GHIAにはカラードバンパーや6連奏CDチェンジャー、サイドカーテンエアバッグ、14インチアルミホイールなどが与えられる。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「フィエスタ」:
http://myfiesta.jp/



 
【Movie】「フィエスタ」は「ラテンスピリット&ジャーマンヘッド」

【フィエスタ発表会イメージムービー】



(撮影、編集=カネヨシ)

【関連リンク】
欧州フォードの“弟分”「フィエスタ」デビュー!
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000015046.html
【東京モーターショー2003】フォード「復活の『フィエスタ』&『フォードGT』」:
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000014266.html
Focus 日常劇場・フィエスタな旅(その1〜その6):
http://www.webcg.net/WEBCG/webcg_news/ford_focus/index.html

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る