欧州フォードの“弟分”「フィエスタ」デビュー!

2004.04.02 自動車ニュース
 

欧州フォードの“弟分”「フィエスタ」デビュー!

フォード・ジャパン・リミテッドは、2004年4月2日、フォードのコンパクトハッチバック「フィエスタ」を発売した。



 

■欧州フォードの弟分

欧州フォードのスモールカー「フィエスタ」の歴史は古く、初代デビューは1976年にまで遡る。今日までにラインオフした台数は1000万台以上を数える、息の長い定番ベーシックカーであり、「モンデオ」「フォーカス」の弟分的存在だ。

5代目にあたる今モデルは、フォードグループのマツダ「デミオ」とプラットフォームを共有し、スペインにあるフォードのバレンシア工場で生産される。



 

欧州では3、5ドアの1.3から1.6リッターガソリン、1.4リッターターボディーゼルといったバリエーションを揃えるが、わが国にやってくるのは、5ドアの1.6リッターガソリンのみ。“AT天国”の日本でマニュアルトランスミッションしかなかった「Ka」での苦い経験を活かしてか、すべて4段オートマチック仕様とした。ステアリングホイールの位置は右だ。

コンパクトなボディに最大のインテリアスペース、従来より曲げ剛性が100%、ねじれでは47%向上したボディによる高いドライビングダイナミクスなどをセリングポイントとするフィエスタ。エントリーグレード「GLX」が177万9750円、上級「GHIA」は195万8250円のプライスタグを付け販売される。

(webCG 有吉)


カラーバリエーションが豊富な「フィエスタ」。2グレードに、エクステリア8色、インテリア3種類を用意する。
 

フォード・ジャパン・リミテッド:
http://www.ford.co.jp/

関連キーワード:
フィエスタフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
ホームへ戻る