欧州フォードの“弟分”「フィエスタ」デビュー!

2004.04.02 自動車ニュース
 

欧州フォードの“弟分”「フィエスタ」デビュー!

フォード・ジャパン・リミテッドは、2004年4月2日、フォードのコンパクトハッチバック「フィエスタ」を発売した。



 

■欧州フォードの弟分

欧州フォードのスモールカー「フィエスタ」の歴史は古く、初代デビューは1976年にまで遡る。今日までにラインオフした台数は1000万台以上を数える、息の長い定番ベーシックカーであり、「モンデオ」「フォーカス」の弟分的存在だ。

5代目にあたる今モデルは、フォードグループのマツダ「デミオ」とプラットフォームを共有し、スペインにあるフォードのバレンシア工場で生産される。



 

欧州では3、5ドアの1.3から1.6リッターガソリン、1.4リッターターボディーゼルといったバリエーションを揃えるが、わが国にやってくるのは、5ドアの1.6リッターガソリンのみ。“AT天国”の日本でマニュアルトランスミッションしかなかった「Ka」での苦い経験を活かしてか、すべて4段オートマチック仕様とした。ステアリングホイールの位置は右だ。

コンパクトなボディに最大のインテリアスペース、従来より曲げ剛性が100%、ねじれでは47%向上したボディによる高いドライビングダイナミクスなどをセリングポイントとするフィエスタ。エントリーグレード「GLX」が177万9750円、上級「GHIA」は195万8250円のプライスタグを付け販売される。

(webCG 有吉)


カラーバリエーションが豊富な「フィエスタ」。2グレードに、エクステリア8色、インテリア3種類を用意する。
 

フォード・ジャパン・リミテッド:
http://www.ford.co.jp/

関連キーワード:
フィエスタフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第8回:フィエスタってどんなクルマ?
    日常劇場番外編~弟分にちょい乗りしてみた
    2016.1.29 フォード・フォーカス日常劇場<PR> そのクルマを深く知りたければ、あえてちょっと離れてみるのも手であろう。というわけで、今回はいきなりの番外編。弟分の「フィエスタ」に乗ってみた。実はフォーカスに乗るようになってから、ずっとこのクルマのことが気になっていたのだ。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る