「MINI」、後退2段の8段ギアボックスを採用!?

2004.04.01 自動車ニュース
 

「MINI」、後退2段の8段ギアボックスを採用!?

BMWグループは、リバースにも「駆け抜ける歓び」を与えた? MINIブランドは2004年4月1日、後退2段「ダブル・バック・シフティング(略称:Double B.S.)」を搭載する、全8段のギアボックスの開発を発表した。
……ドイツ発の“エイプリルフール・ネタ”であるので、あしからず。


MINIコンバーチブル
 

以下は、プレスリリースの全文。

2004年4月1日、ウッドクリフ・レイク発――MINI Convertible発表の余韻もいまださめやらない今日、MINIは世界初となる8速ギアボックスを開発したと発表しました。しかもこの8速ギアボックスはリバースギアが2速となっています。
調査によるとMINIのオーナーは「FGF(Fun Going Forward:前進するのが楽しくて仕方がない)」スコアが最も高いことがわかっています。そこでMINIの開発チームはリバースギア2速を組み込んだ8速ギアを開発し、オーナーたちが「FGB(Fun Going Backward:後退するのが楽しくて仕方がない)」スコアも同様に高めようと考えました。

この「ダブル・バック・シフティング(略称:Double B.S.)」と呼ばれるテクノロジーによって、MINIのドライバーは誰よりも早くクルマを後退させることができるようになります。リバース2速での最高時速は40マイル(約60km/h)に達します。

このテクノロジーはFGBのスコアを上げるだけでなく、他に類を見ない実用的な側面も兼ね備えています。混雑する街中で、突然目の前に現れたわずかな駐車スペースにとっさにクルマを突っ込もうとしてオーバーシュートしても、Double B.S.を備えたMINIであれば後続のクルマが追いついてくる前にリバース2速を使用して素早くキレイにMINIを駐車することが可能です。

このDouble B.S.を開発したエンジニア、ギアリー・ダックスハンは、「リバースギアを2速分ギアボックスに突っ込むのは思っていた以上に大変な作業でした。結果には満足していますが、やはりギアボックス自体のサイズが大きくなってしまったためにナビシートの足元が若干犠牲になってしまいました。でも、やってよかったと思っています」と述べています。

今回の発表を受けてSCCA(Sports Car Club of America:スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)では同クラブが運営する年間シリーズに新たに「リバース・オートクロス選手権」を追加することを検討しています。このシリーズが実現すれば、Double B.S.を搭載したMINIが圧倒的な優位にたつことはほぼ間違いありません。

Double B.S.を搭載したMINIの価格はまだ正式には発表されていません。MINIのスポークスパーソンによれば、「4月1日を除いてこの件を発表する日は考えられなかった」ため、価格については別途発表するとしています。
(以上プレスリリース)

(webCGオオサワ)

MINI:http://www.mini.jp/

BMWジャパン:http://www.bmw.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2009.7.23 試乗記 ……395万1000円
    総合評価……★★★★★

    ハッチバックから2年遅れでやってきた「MINIコンバーチブル」。ターボエンジン搭載のスポーティグレード「クーパーS」で、オープンエアドライブを試す。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ティグアン」を発売 2017.1.17 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年1月17日、新型「ティグアン」を発表し、同日発売した。「TSIコンフォートライン」「TSIハイライン」「TSI Rライン」の全3グレード構成で、車両価格は360万円から。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る